ゆっくり あま あま

公開日: 04.09.2020

視聴(閲覧)にあたっては、 虐待 表現が明示的に使われていない 動画 等で、不用意に 虐待 設定を持ち出したり 虐待 を想起させるような コメント をしないこと。そのような コメント を見かけた際は単に スルー ・ NG 登録・ 通報 のどれかをすれば良い。. ゆっくり の 自殺 方法。「(さあ)、 おた べなさい」の発 声 とともに ゆっくり の体が二つに 割れ 、 ゆっくり は絶命する。この使用 目 的は、「死ぬより 辛い 苦痛から逃れるため」と、「 感謝 する相手に食べて欲しいため」の大きく二つに分かれる。「ゆっくり虐待」の場合はまず間違い 無 く、前者の 目 的で用いられる。なお、始めから終わりまで正確に発音しなければ発動しない。.

その名の通り、 ゆっくり に対し 物理 的に ダメージ を負わせるのではなく、精 神 的に ダメージ を負わせる。 主 に ゆっくり が話す理屈に対し 人間 が様々な観点から ツッコミ を入れ、理屈の正当性を否定する。最終的には、 ゆっくり が逆上( 逆ギレ )するか反論できずに落胆するかに大別される。. 性格は概して穏和だが、知 能 や知識については差異があり、大別すると「温和だが知識が少ない」「温和かつ知識がある」「温和でなく、かつ悪い方向に知 能 がある(ゲス。ゲスのドス故ドゲスと呼ばれる)」の三種に分けられる。優秀なドスは 人間 達と協定を結んで群れの保全を図ったりもするが、単独で 人間 に対抗 しう る 能 力 故に ゲスであるか否かにかかわらず駆除の対 象 となることもある。.

れいぱーは基本的に「すっきりの強要」は「 愛 を与えている」だけであって、対 象 に拒絶されたとしてもそれは表面的な「つんでれ」を演じているに過ぎないのだと考えている、と 主 に設定されている。. つがいでは妻( 母親 )役を演じることが多く、 妊娠 ・ 出産 を扱う作品では頻繁に利用される。 出産 や 子供 の面倒を見るなど 母 性的な役割を担う反面、 子供 をダシに増長する描写も多い。 また、最も広く見られる種であることから「特徴に乏しく、たいした特技がない」という 微妙 な立ち位置に置かれることもある。一対あるもみあげを動かし、物を持ち上げたり等 人間 の手のように使うことが出来る(もちろん 人間 や他の 生物 には 無 害 )。.

ゆっくり虐待の 創作 においては作品ごとに様々な設定が(しばしば ご都合主義 的に)用いられており、中には相 矛盾 するものも存在する。そうした設定をどのように使用するかは 創作 者次第なのが通常であり、 創作 者独自の設定や他分野から流入する 情報 なども加わって日々変遷しており、 絶対である設定というものは少ない。.

様々な方法を使って ゆっくり の群れ・ 家族 ・つがいなどを崩壊させることを 目 的とした 虐待 。. ちぇんの状態も鑑みずに親ぱちゅりーは叫ぶ。 「わがだないよお゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!!?」 親ちぇんは我が子を自分の身体で圧死させた事に気付いていないようだ。 「ちぇええええん!!!やめなざいい゛い゛い゛!!ゆっぐりでぎないわよお゛お゛お゛お゛お!!!」 親ぱちゅりーは親ちぇんに対して何もせずにただ喚くだけだった。 「いだいよ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!!?わがだな゛い゛い゛いよ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!!?」 中身のチョコを撒き散らしながら転がる親ちぇん。 中身が詰まってる分、子ちぇんよりも余裕があるようだ。. 同時にお かざり を喪失したり、お かざり の一部が損傷したりした ゆっくり は「 ゆっくり できない ゆっくり 」 として認識され、群れや 家族 において迫 害 の対 象 となる。そのため ゆっくり はお かざり を奪われたり傷つけられることに対して多大な ストレス や恐怖を感じる。.

ふたば系ゆっくりいじめ あまあまおいてさっさとでてってね!! あまあまおいてさっさとでてってね!! 42KB 虐待-普通 制裁 理不尽 自業自得 自滅 親子喧嘩 夫婦喧嘩 同族殺し 共食い ツガイ 野良ゆ 赤子・子供 ゲス 現代 虐待人間 また話が長いです。れいむ種とまりさ種は今回出ません。. 普通 に喋る場合もあるが、「性器の名称・ 下ネタ のみで会話をする」という非常に奇妙な特徴が与えられている(「ちーんぽ」「ぺにす」「たんしょう」「ほーけい」「びっぐまぐなむ」など)。「 ゆっくりようむ 」とは異なる別の種だという解釈も存在する。それ以外の喋り方では 語尾 に「 みょん 」とつくことが多い。. まりさ 種の 帽子 、 れいむ 種の リボン など、 ゆっくり ごとにそれぞれ生まれ持った装飾品はお かざり と呼ばれる。.

赤ありすは唐突に受けたこの暴力的な仕打ちにわけも判らずに目を白黒させながら呻いた。 蹴りによって体が破れなかったのと、着地先が柔らかい芝生だったのは幸運としか言いようが無い。 しかし、赤ありすの全身を襲った打撲の痛みは赤ありすから泣き叫ぶ事さえできない苦痛と、 体へのダメージを与えていた。 男性はそのまま赤ありすに一瞥もくれずに歩き去り、後には両目から涙を流しながら痙攣する赤ありすだけが残された。.

ゆっくり の 子ども に固有の名前を付けられることはなく、親からは「あかちゃん」「おちびちゃん」のように呼ばれる。外見上は、人や 動物 のように両親の特徴を合わせて受け継ぐことはなく、両親のどちらかのみを受け継いで産まれる(性格面ではその限りではない)。.

その名の通り、 ゆっくり に対し 物理 的に ダメージ を負わせるのではなく、精 神 的に ダメージ を負わせる。 主 に ゆっくり が話す理屈に対し 人間 が様々な観点から ツッコミ を入れ、理屈の正当性を否定する。最終的には、 ゆっくり が逆上( 逆ギレ )するか反論できずに落胆するかに大別される。.

  • その子れいむたちのまだ口にした事の無い「あまあま」への期待に満ち溢れた笑顔を ベンチの下で見つめている一匹の小さなゆっくりありすが見ていた。 体も髪の毛もカチューシャも薄汚れ、目には生気が無く大きさからすればまだ親ゆっくりか、 年上の姉妹と離れて行動するはずの無い赤ゆっくりサイズのありすだったが、周囲に親なり家族なりのいる様子は無い。 どうやらそのありすは孤児だった。 いかなる理由で孤児になっているのかは知る良しも無いが、想像は付くだろう。 赤ゆっくりが孤児になるのは親に先立たれたか、あるいは親に捨てられた時だ。 得てしてありす種は後者が多い。. もちろんそういったことを理解してきっちり弁えている ゆっくり も存在し、そうした存在は概ね 人間 とうまくやっているのだが、群れの場合はそ うもい かず、それを理解しない一部の ゆっくり の巻き添えを食って駆除される(群れが 人間 の手で壊滅する)ことも。.
  • さっき通り過ぎて行った子れいむ姉妹たちが言っていた言葉だった。 あまあまはゆっくり出来るものだ、赤ありすは本能のどこかに記憶していた。 赤ありすの体は空腹を訴える。 孤児となってからずっと、何一つ口にしていない。 母親には愛情もご飯も与えるのを拒否された。 生まれたばかりの赤ありすには何が食べるもので何がそうでないかなんてわからなかった。 試しに口に含んでみた草は苦くて全くゆっくりできず、飲み込む事も出来なかった。 飢えと寒さと寂しさと悲しさとが赤ありすの心も体も苛んでいた。. そう考えついた次の瞬間、ぱちゅりーは文字通り子ちぇんを吐き出した。 「ぶぎゅう゛ッ!!?」 勢いよく放出され、子ちぇんは顔面から床に着地する。 「わぎゃらにゃいよぉ…」 突然の痛みに涙ぐむ子ちぇん。 そしてそんな子ちぇんに、 「じねえ゛え゛え゛え゛え゛え゛!!!」 ぱちゅりーは容赦なくのしかかった。 「ぶぎゅう゛う゛!!?」 口からチョコを吐き出す子ちぇん。 それに構わず何度も我が子を踏み付けるぱちゅりー。 「おばえだぢのぜいでぱちぇのおちびじゃんがじんだんだあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!?おばえなんがぱぢぇのこどもじゃない!!!ゆっぐりじないどざっざどじねえ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛!!!」 「ぶぎゅう゛!?」 子ちぇんにとって訳の分からない理屈で殺されようとされる子ちぇん。 「わぎゃぼ!!?」 踏まれたショックで勢いよく目玉が飛んで行く。 これでは野生で生きていけるのは不可能だ。 「じになざい!!!」 そして最後の一撃とばかりに勢いよくぱちゅりーは跳びはねた。.

RSS Feed. SS .

体内で不要になった餡子や余剰 水 分は、それぞれ「うんうん」「しーしー」といった形で適宜排 泄 される。それらの排 泄 物は基本的に清潔で、 普通 の 動物 からすれば単なる 砂糖 水 あるいは餡子に過ぎないが、 ゆっくり 同士では忌避される。排 泄 物であると気づかれなければ、 ゆっくり が非常に好む「あまあま」と大差はない。. ゆっくり虐待の表現に嫌悪感をもつ側も、 疑心暗鬼 に陥るあまり少しでも 虐待 を想起させる文言を見るたびに いちいち 「 虐待 設定を持ち出すな」と反応したりしないこと 。単純に スルー するのが得策であり、反応すればそれは 無 自覚であっても 荒らし 行為である。. 木の枝を口にくわえて戦ったり身を守ったりなど、 戦闘 に長ける描写が見られる ゆっくり 。群れの護衛役や自警団などの役を与えられることが多く、ある程度大きい規模の群れや ゆっくり の 社会 を描く際にしばしば登場する。中身は 白 あんなど。.

中身が餡子や カスタード でできている ゆっくり を捕まえたり繁殖させてたりして、 菓子 に加工する工場のこと。当然ながらここで 菓子 に加工されるということは死ぬということである。繁殖用の ゆっくり の場合、常に望まぬ 出産 を強いられ、せっかく産んだ 我 が子も毎回奪われ、子を産まなく(産めなく)なったら処分されるなど、正に ゆっくり にとって 地獄 ともいえる場所である。 何故か 野生で生まれた ゆっくり でも加工所を知っていることが多く、生意気な野生の ゆっくり も「加工所」の名前を出すと恐れ怯えることもある。.

…… … …… ……………. ………………… ……………… …… .

お かざり は ゆっくり の個体識別に使用され、 人間 にはどのお かざり も同じに見えるのだが、 ゆっくり 同士なら見分けがつくらしく、生まれ持ったお かざり を装備してる限りは識別を間違えることはない。お かざり の破片ほんの1枚ですら識別が可 能 である。. 他種より賢いが虚弱な種として描かれることが多い ゆっくり 。しばしば自らを「けんじゃ(もりのけんじゃ)」と自称する。中身は生 クリーム 。「むきゅ」という独特の鳴き 声 が特徴として知られる。. ゆっくり虐待特有の用 語 や設定、ゆっくり虐待における 創作 物の 主 な 世界 観の説明を記す。.

RSS Feed ! … … ….

設定によっては餡子は機 能 分化を遂げている場合があり、生命維持を 司 る「中枢餡」が存在するという設定もよく利用される。その場合中枢餡が過度に損傷・破壊されると死に至る。嘔吐・創傷などで体内の餡が大量に漏出したりしても同様の結果となる。. 野生では 主 に山 林 に生息する。基本的に「弱い」とされているので、沿 岸 部・高地など過酷な 環境 に暮らすことは稀である。食糧難や開発などの理由で山 林 から追われたり、飼い 主 に捨てられた元飼い ゆっくり などが 野良 として 都市 部に住み着くこともある。 ペット 用・食用などの 目 的のための商業的な人工繁殖も行われている。.

ぱちゅりーはふと考えた。なんでぱちぇはこんなゆっくりしてないていのうをたすけなくちゃならないの? どうしてぱちぇそっくりなちてきなおちびちゃんがしんでこんなていのうがいきてるの? そうよ、おちびちゃんをころしたちぇんとおなじちぇんなんてぱちぇのこどもじゃないわ。.

知っておきたい:

コメント

  1. もしゆっくり虐待を扱う作品を 投稿 する際は、「 RG 」 タグ をつける、「 ゆっくり 」 タグ をつけない、 タグロック による管理を行う、 動画 名や 動画の説明文 に「 ゆっくり 」「 東方 」などの 文字 列を入れない等の配慮を行うことが望ましい。 ただし ニコニコ では上記のような手段を講じたとしても「 見たくない人の 目 に触れてしまう 」可 能 性は 虐待 専用の コミュニティ に 比 べて非常に高いため、 他者に不快感を与えないこと・よけいな トラブル を招かないことを最優先 にするのならそもそも「 投稿 しない」ことが最善である。 無 断での外部 コミュニティ からの持ち出し・ 転載 まとめ動画 などは 論外 である。. 更新履歴 RSS Feed 管理者に連絡 タグ一覧.
  2. 常に満たされない性欲による 興 奮状態にあり、集団もしくは単独で他種に襲い掛かっては強制的に「すっきり」を迫る ありす 種。よくて望まない 妊娠 、 悪くすれば衰弱死などの 被害 をもたらし、対 象 も産まれたばかりの幼体( 赤 ゆっくり )から 妊娠 中の個体まで 無 差別 に及ぶため、他種から恐れられ嫌悪されている。外見的には、上記「すっきり」の項に記した「ぺにぺに」が 異常 に大きい。. 元々のコン ポスト の意味は、堆肥(が転じて、微 生物 に生 ごみ を 分解 させて堆肥にする設備)のことである。 ゆっくり の場合、食べたものを体内で餡子に変換するという性質がある。これを利用して捕まえた ゆっくり 、もしくは ゆっくり のつがいや 家族 を 箱 の中に入れて、 廃 棄生 ゴミ の処理をさせるというものである。.
  3. 川 に落ちれば生還は 絶望 的だし、 屋根 がなければ 雨 も致命的になる。そのため ゆっくり は基本的に、 洞窟 や木の洞など、 雨 を 凌 げる場所に巣を作るか、 野良 ゆの 場合は 段ボール 箱 を横倒しにする・何かしらの 素材 で 屋根 を作るなどして巣を作る。. 暇な方はぜひ新Wikiへの移転作業にご協力ください SS書架 番号順書庫 ゆっくりいじめ.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |