戦国 時代 国名

公開日: 26.08.2020

武田信玄は、信濃侵攻を本格化し、 甲相駿三国同盟 を背景に諏訪攻略をはじめ、小笠原氏、村上氏らは駆逐され信濃は武田領国化された。信玄は信濃守護を兼ね、北信豪族を庇護した越後の長尾(上杉氏)とは10年余に亘って甲越対決( 川中島の戦い )を幾度も繰り広げた。. 戦国時代前期は 宇都宮錯乱 を克服した下野 宇都宮氏 の 宇都宮成綱 、 佐竹の乱 を克服した常陸 佐竹氏 の 佐竹義舜 が北関東の覇権を巡って争い、 竹林の戦い ・ 縄釣の戦い により佐竹氏の勢威は一時衰えた。古河公方家の内紛も足利高基が勝利し3代目古河公方に就任しており、宇都宮成綱に擁立された形となった。下野宇都宮氏は勢威拡大と近隣勢力の弱体化により宇都宮成綱の代に北関東の覇権を制し [65] 凄まじい影響力を及ぼした。永正の乱に関わった政氏支持の勢力は一時減衰し、高基支持の勢力は 後北条氏 が北関東に進出してくるまで増大していくことになった。また、年、宇都宮氏の宇都宮成綱が断絶中の上那須氏に介入し再興させようとしたが上那須氏を乗っ取られることを危惧した 下那須氏 の那須資房は早急に上那須氏を取り込み統一那須氏となっている。.

しかし、少弐氏の勢力は 九州探題 に敵対したために室町時代後期には既に衰えており、 宗像氏 や 麻生氏 など筑前・豊前の国人は中国地方の 大内氏 の影響を受けた。少弐氏は肥前・ 対馬 の兵を率いて大内氏掃討に何度も筑前に侵入するが、逆に大内氏の側についた 龍造寺氏 の下克上により滅ぼされた。この大内氏が 陶氏 によって滅ぼされると肥前は自立、筑前と豊前は大友氏の干渉を受けた。陶氏を滅ぼした 毛利氏 友族が両国に存在したため毛利氏と大友氏は北筑前にて戦いを展開する。. 戦国史を読みすすめていても、なかなかスッと頭に入ってこない…。それはもしかしたら、歴史にはいつ(=年号)、どこで(=地名)の2つが最も頻出するのに、あまり馴染みがないせいかもしれません。 さらに登場人物や出来事もたくさんあるし、組織や人間関係もよくわからないんだから、もうお手上げ状態…。 せめて戦国時代の年号と地名。この2つをざっくりでも覚えれば、少しは戦国史への抵抗感も減るかもしれません。ということで、本記事では戦国時代の年号(和暦)と地理区分(令制国)についてみていきます。 (文=戦ヒス編集部).

Next Post 都市の発展と町衆. その後高国は伊賀の 仁木氏 、伊勢の 北畠氏 、出雲の 尼子氏 などに支援を依頼したがいずれも不首尾に終わった。しかし播磨守護代の 浦上村宗 が支援を確約し、享禄3年(年)、高国は村宗と反抗作戦を開始し、摂津の諸城を攻略していった。これに近江の義晴・六角定頼も呼応し上洛を目指したが、晴元方の 木沢長政 や丹波勢らに阻まれ入洛することができなかった。. 摂津戦線では高国・村宗が戦いを優位に進め、義維・晴元方は劣勢に立たされた。そこで晴元は阿波から三好元長を渡海させ、高国・村宗勢と対峙させた。元長は計略を働き高国・村宗軍に従軍していた播磨守護・ 赤松政村 を高国・村宗方から離反させることに成功した。元長は弱体化した高国・村宗軍を 天王寺の戦い で破り村宗は戦死し、逃れた高国も尼崎でとらえられ自害させられた [注釈 4] 。義晴・六角勢も近江に退き、義維と晴元は堺で政権を維持することに成功した。.

21 8. [ 3] 54 [72] [73] 7. Next Post. [15] ? [ 1] [10] [ 2] [12] [13]. 15 .

各勢力の軍事力には地域差が存在した。織田信長が統一戦のなかで積極的に 大砲 を使用したのに対して、豊臣秀吉はあまり大砲を使用しなかった。信長は主に技術水準の高い 畿内 とその周辺の勢力との戦いが多かったのに比べ、秀吉は外域の勢力との戦いが中心だった。そのため大砲を使用する必要性が薄かった [66] 。文禄2年(年)、肥前・ 名護屋 に参陣した陸奥の大名・ 南部信直 は豊臣軍の軍事力に驚嘆し、やや自虐的に「このたびの御陣など見ずして在所にある人は、誠に虻、蚊にも劣りたるていにて候、唐土・天竺・日本三国のゆるぎたてる御弓矢、末世末代未来にもこれあるまじく候」と記している [67] 。戦国・織豊期の軍事力の地域差は非常に大きかったのである。.
  • 豊臣秀吉が 惣無事令 を発した後の年、後北条氏の家臣による真田領への侵攻が惣無事令違反とされ、豊臣氏を中心とする21万人の連合軍を前に 北条氏直 は小田原城に籠城するも敢え無く落城し後北条氏は滅亡( 小田原征伐 )、ここに豊臣秀吉による全国統一が完成した。この時、北条陣営に付いた関東の多くの領主が所領を没収され、 小山氏 や 千葉氏 のような鎌倉時代以来の名家も姿を消している。年8月には関東に移し替えとなった徳川家康が 江戸城 に入城した。. 永正元年(年)12月、 畠山尚順 と畠山基家の後継者である 畠山義英 の両畠山氏が和睦し、両者とも足利義稙方に与同し足利義澄・細川政元に反抗した。これを受けて義稙は永正3年(年)2月に周防からの上洛作戦を計画したが、それより早く永正2年(年)11月に細川政元が両畠山氏を攻撃、撃破したため作戦は回避された [25] 。.
  • 一覧を眺めてみると、「あ、これは知ってる。」なんてのも多かったのではないでしょうか。ちなみに現在の首都は、徳川家康が江戸幕府を開き、政治の中心地として発展した "東京" ですが、戦国時代の首都は "京都" にあたります。.

【毎日脳トレ】戦国時代クイズ!岐阜南部の旧国名知ってる?

晴元勢は大永7年(年)2月の 桂川合戦 に勝利し、高国は義晴と共に近江に逃れた。高国主導の政治体制は崩壊し、同年3月に堺に上陸した義維・晴元の 堺公方府 と近江の義晴・高国が対峙する両公方体制が成立した。同年10月、義晴と高国は近江の 六角定頼 ・越前の 朝倉宗滴 とともに上洛戦を行ったが、京都を奪還することは出来ず義晴と高国は再び近江に退いた [38] 。その後地方を流浪した高国は享禄3年(年)に播磨の 浦上村宗 の支援を得て上洛戦を開始。翌享禄4年(年)、高国と村宗は摂津で晴元方の諸城を攻略し近江の六角定頼も高国に与同し上洛の姿勢を見せた [39] 。劣勢になった晴元は阿波より 三好元長 を招喚し高国・村宗と対峙させた。元長は高国・村宗と共に従軍していた播磨守護・ 赤松晴政 を離脱させることにより高国・村宗勢を崩壊させることに成功。 天王寺の戦い で高国・村宗勢を撃破し、高国を自害させた。しかし堺公方府内では政権構想について意見の対立があり [40] 、その結果公方府は瓦解し晴元は義維ではなく義晴を推戴することになった。.

近年においては、各戦国大名がそれぞれ得意とし、特徴を持つ築城術を個々に扱った 研究 も進んでいる。これは各戦国大名固有の戦術ドクトリンとも密接に関連しており、甲斐武田氏領内における城を中心として見られる迎撃と 射撃 が補完し合う拠点としての 丸馬出 や、 関東 の後北条氏領内や九州北部地域の城を中心として見られる 敵 の 侵攻 経路を管制する 竪堀 、あるいは、火縄銃が多く流通した畿内を中心として見られる射撃拠点としての 櫓 や 望楼 を多く伴う城など、地域ごとにさまざまな 縄張り への工夫が見られる。16世紀末期になるとこれまでの軍事的拠点としての 山城 から、商業・経済の中心は平地や沿岸部に築城した 平城 の 城下町 へと移っていった。 [注釈 1].

今川仮名目録 今川仮名目録追加. 伊予 は守護の 河野氏 が中予、 伊予宇都宮氏 が大洲一帯、 西園寺氏 が南予を割拠したといわれる。地理的に細長く山岳地帯が多い上に、中国・九州と近いために常に毛利氏・大友氏の干渉に晒されることになり、一国を統一し他国へ侵略するような勢力を持てずに終わった。しかし、長宗我部の侵略に際しては頑強に抵抗した。. 永正8年(年)、義澄と澄元は大規模反抗作戦を開始した。澄元は阿波から上洛し高国・義興連合軍と一戦に及んだ。しかし義澄はそれ以前に近江で死亡しており、奉るべき主君がいない中行われた 船岡山合戦 で澄元は大敗し、阿波に敗走した。. 下野宇都宮氏は宇都宮成綱が没すると徐々に不穏な情勢になり、 大永 年間に 大永の内訌 が勃発。不満を抱いていた重臣の 芳賀氏 、 塩谷氏 、 笠間氏 や同盟国の 結城氏 が手を結び、年に結城政朝は 猿山合戦 で 宇都宮忠綱 を破り追放し、 宇都宮興綱 を当主に擁立した。下野宇都宮氏は衰退し、後北条氏による北関東進出辺りまで家臣団による専横が続いていくことになる。この頃になると結城氏の結城政朝・ 政勝 父子や 小田氏 の小田政治の躍進が目立つようになる。.

Previous Post 戦国大名.

Toggle navigation.

大永6年(年)9月、高国は家臣の香西元盛を、阿波の 細川晴元 への内通を疑い自害させた。これに元盛の兄弟の 柳本賢治 、 波多野稙通 が高国に強く反発し晴元と共闘するようになった。この好機に晴元は兵を起こし12月には堺に軍を派遣。高国が賢治に敗れ義晴とともに近江に出奔すると [] 、自身も大永7年(年)3月に足利義維とともに堺に上陸した [] 。義維は京都の警固を柳本・波多野兄弟に任せ、自らは堺に留まったため 堺公方 、堺大樹と呼ばれた。.

畿内中央から、全国各地の地域に及ぶそれぞれの実力者同士の利害衝突に端を発する衝突が広く日本各地で行われ、旧来の上位権力による制御が困難となった。このような永続的な衝突を可能にする背景は 貨幣経済 の浸透と充実により 国衙 や 荘園 の統治機構や畿内中央の首都経済の需要のみには依存しない 地域経済 が急速に質量ともに発達していき、それまでの無名の庶民が様々な形で成功を収めることができる経済成長期であったことにあり、在地の経済や文化の発展が時代を支えていた。社会構造が急速かつ大幅に変質していき、従前の社会体制の 荘園公領制 を支えていた 職の体系 が崩壊すると、それに伴って荘園公領制もこの時期にほぼ形骸化した。経済の急成長に伴い大量に発生した新興地主や新興商人が紛争の絶えない時代に開墾や内外の通商を通じて発展して貨幣経済をさらに拡大する中で自らの実力にふさわしい発言力を社会に対して要求した時代でもあった(豊臣秀吉は「針売り」が出世の始めという伝説がある)。こうした経済発展と頻発する武力紛争に対応して都市部では 町 、農村部などでは 惣村 という重武装した新興の自治 共同体 が、それぞれ 町人 身分と 百姓 身分の 一揆 契約に基づく団体として自生・発展を続け、武家領主たちの統治単位も旧来の国衙領や荘園を単位にしたものから、これらの町村へと移行する。戦国大名の領国もこの町村を背景にしたものとして組織されたものであり、後の 幕藩体制 や近代の 地方自治体 もこの時誕生した町村を基盤とすることとなる。.

武力紛争の総数から見れば、その大部分は、隣接する非友好的な勢力が互いに、 領地 、あるいは、影響を及ぼし得る勢力圏の境境付近において繰り広げる小競り合い・抗争レベルの応酬であった。この中には、敵兵力に対して実力を行使するだけでなく、隣接勢力に対する 嫌がらせ の意味も含め、日常的な焼討ちや、稲薙ぎ・麦薙ぎといった耕作妨害も含まれており、結果として、そのエスカレーションが、大規模な軍事行動を誘引する面もあった。. 摂津戦線では高国・村宗が戦いを優位に進め、義維・晴元方は劣勢に立たされた。そこで晴元は阿波から三好元長を渡海させ、高国・村宗勢と対峙させた。元長は計略を働き高国・村宗軍に従軍していた播磨守護・ 赤松政村 を高国・村宗方から離反させることに成功した。元長は弱体化した高国・村宗軍を 天王寺の戦い で破り村宗は戦死し、逃れた高国も尼崎でとらえられ自害させられた [注釈 4] 。義晴・六角勢も近江に退き、義維と晴元は堺で政権を維持することに成功した。.

: Wikipedia.

令制国と都道府県との比較

武田氏の滅亡により甲斐・信濃は織田信長の家臣 滝川一益 らに分配されるが、本能寺の変が発生すると後北条氏が侵攻して滝川氏は後退し(神流川の戦い)、さらには空域化した武田遺領を巡り徳川氏や後北条氏、上杉氏、真田昌幸らによる争い( 天正壬午の乱 )が起こり、甲斐・信濃は乱を制した徳川氏が、北信濃は上杉氏が領した。豊臣政権により徳川氏が関東に転封されると信濃諸豪族も関東へ移るが、この中で武田遺臣の真田氏など近世大名化した例も見られる。また、 保科氏 は将軍徳川秀忠の庶子・ 保科正之 が継ぎ、小笠原氏は豊前小倉藩で九州の押えを任じられるなど徳川政権下では重く用いられている家は多い。. 大友氏は豊後を拠点に南筑後の 蒲池氏 を筆頭とする 筑後十五城 が盤踞する筑後、さらに 阿蘇氏 や 相良氏 の肥後に勢力を伸ばした。陶氏が大内氏を滅ぼすと、これを支援し、豊前・筑前をも得た。また 大友宗麟 は同時に キリスト教 を保護し南蛮貿易を盛んにした。しかし大友氏は島津氏との 耳川の戦い で大敗、家臣や幕下の国人の離反が相次いで急速に衰えていく。それを機会に肥前では少弐氏に対する謀反で勃興した龍造寺氏が勢力を拡大、 龍造寺隆信 の代になってほんの一時期、大友・島津と肩を並べるまでに伸張したが、 沖田畷の戦い で隆信が戦死すると急速に衰え、やがて重臣の 鍋島直茂 が替わった。.

基本的には、各国とも室町幕府の定めた守護大名が、そのまま戦国大名化したケースが多い。彼らは国人の推戴によってその地位が保たれたから、非常に弱い立場でしかなかった。河内国の畠山氏、 但馬国 の山名氏、 丹後国 の一色氏、 若狭国 の武田氏などは周辺の諸勢力に国を奪われかけたり家臣の内紛に悩まされながら、しぶとく戦国時代を生き抜いた。. 公家社会でも近衛家のように足利将軍家と婚姻を結び、地方の大名・武士と朝廷との間を取り持つことで社会的な地位をある程度まで保った層から 家領 を武士に奪われて生活に困窮し地方に疎開するだけの人脈も持てずに没落した層まで様々であった。 永正 16年(年)に発生した 越水城の戦い を巡る当時の 近衛尚通 の日記『 後法成寺関白記 』と 鷲尾隆康 の日記『 二水記 』を比較すると両者の違いが明らかとなる。近衛尚通の元には合戦当事者を含めた武将やその家臣、僧侶など様々な身分の相手から情報が寄せられて合戦の事情を把握していることが分るのに対して、鷲尾隆康は公家社会の風説を聞いて「恐怖」するのみであったことが知ることが出来る。後者のような公家は武士層など他の階層とのつながりも持つことなく、やがて歴史の中に消えていくことになる(実際に 鷲尾家 は隆康の代で断絶して 江戸時代 初期になってようやく再興されている) [79] 。.

しかし、少弐氏の勢力は 九州探題 に敵対したために室町時代後期には既に衰えており、 宗像氏 や 麻生氏 など筑前・豊前の国人は中国地方の 大内氏 の影響を受けた。少弐氏は肥前・ 対馬 の兵を率いて大内氏掃討に何度も筑前に侵入するが、逆に大内氏の側についた 龍造寺氏 の下克上により滅ぼされた。この大内氏が 陶氏 によって滅ぼされると肥前は自立、筑前と豊前は大友氏の干渉を受けた。陶氏を滅ぼした 毛利氏 友族が両国に存在したため毛利氏と大友氏は北筑前にて戦いを展開する。.

  • 近江(おうみ、滋賀県) 美濃(みの、岐阜県の南部) 飛騨(ひだ、岐阜県の北部) 信濃(しなの、長野県、岐阜県の一部) 上野(こうずけ、群馬県) 下野(しもつけ、栃木県) 陸奥(むつ、青森県、岩手県、宮城県、福島県、秋田県の北東部) 出羽(でわ、山形県、秋田県の大半).
  • 武田信玄 の『 甲州法度次第 』の第20条に「天下戦国の上は、諸事をなげうち武具の用意肝要たるべし」とあり、当時の武家も自分たちが生きている時代は「戦国」である、という自覚を持っていたことが伺える。.
  • 豊臣政権期には国土認識について変化が見られた。 ルイス・フロイス は、九州平定の前年の天正14年 年 10月17日付書簡では豊臣秀吉のことを「ほぼ全国の君主」としていた。しかし 九州平定 の翌年、天正16年 年 には秀吉を「日本全国の絶対君主」「日本全国の国王」と呼ぶようになっており、豊臣政権期には九州が日本国の一部と認識されていたことがわかる [83] 。.
  • 元亀元年(年)4月、織田信長は 朝倉義景 の成敗に乗り出すが浅井長政の謀反により失敗に終わった。しかし6月には近江・ 野村 で朝倉・浅井連合軍を 徳川家康 とともに撃破した。しかし敗れた義景は 三好三人衆 、 浅井長政 、本願寺・ 顕如 とともに 信長包囲網 を形成し信長に対し抵抗を続けた。12月に勅命講和により一旦は和睦するものの、元亀3年(年)、義景は浅井氏、顕如に加え、 甲斐 守護の 武田信玄 も仲間に引きずり込み再び 信長包囲網 を形成した。信長は西方の本願寺、三好三人衆、東方の朝倉・浅井連合軍に挟撃され、同盟者の家康も 遠江 ・ 三方ヶ原 で信玄に大敗するなどし窮地に立たされた。しかし12月になって義景が越前に帰国したため、信長はひとまず危機を脱した。.

7 [46] 12 16 17. [32] 151631751 [33] 55 6183 [34]. 417 UTC - Cookie .

文亀元年(年)3月、政基は九条家の荘園の一つ、 和泉 ・ 日根荘 に下向した。戦国期、公家の荘園が在地領主に横領されるなか「家門御下向」として荘園領主自らが荘園支配に乗り出すことがあり、政基も日根荘で 直務 にあたることになった。公家である政基は自前の軍事力を保持していなかったが、そんな中でも4年弱に亘って荘園経営を行い、永正元年(年)12月帰洛した [16] 。. 戦国時代初期の文化は 北山文化 や 東山文化 と同様に、 禅宗 などの強い影響を受けている。下克上を旨とする戦国時代の気風は文化をも覆い、次第に豪壮を旨とする 桃山文化 の発露への布石となる。. 初期は 大内義興 と 尼子経久 との対立があった。大内義興は、 勘合貿易 を掌握して勢力を伸張、一時は中国九州7ヶ国に覇を唱え、将軍を奉じて周辺諸大名を従えて上洛をも成し遂げた。尼子経久は守護代ながら 月山富田城 を奪って守護を追放し、出雲等の山陰に基盤を作る一方、大内氏と何度か交戦するも決着が着かなかった。.

最終更新 年4月17日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

3 3.

知っておきたい:

コメント

  1. こうして三好家が政権の主導権を獲得したが、今度は家臣団内部で不和が生じ始めた。同年11月、 松永久秀 と 三好三人衆 は断交し、翌永禄9年(年)2月、両者は和泉・上野芝で合戦し三好三人衆が勝利した。追い詰められた久秀は堺に立て籠もったのち、5月に姿をくらました。永禄10年(年)2月、義継は三好三人衆と義絶し、再び姿を現した久秀とともに大和を根拠地に三人衆と争うことになった。.
  2. 越後国 を上杉(長尾)氏、 越中国 を 神保氏 や 椎名氏 、 能登国 を 畠山氏 、 越前国 を 朝倉氏 、 加賀国 を 一向一揆 らが、それぞれ支配していた。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |