中国古代王朝

公開日: 15.08.2020

中国 の 黄河文明 は古代の 世界四大文明 の一つに数えられ、また、 黄河文明 よりもさらにさかのぼる 長江文明 が存在した。以降、現代までの中国の歴史を記す。. 毛沢東 の死後、一旦 華国鋒 が権力を継承したが、 年 12月 第11期三中全会 で 鄧小平 が政権を掌握した。鄧小平は、政治体制は 共産党 一党独裁 を堅持しつつ、 資本主義 経済導入などの 改革開放 政策をとり、近代化を推進した( 社会主義市場経済 、 鄧小平理論 )。この結果、 香港 ほか日米欧など 西側諸国 の外資の流入が開始され、中国経済は離陸を始めた。.

高宗 乾隆 27年( 年 ).

貞人は集団の指導者あるいは神の代弁者として人々を導きました。 有力な貞人のもとに人々は集まり部族が形成され、部族が集合して国となります。部族連合の長、すなわち殷王も貞人の一族であり、祭祀王でありました。. 元謀 ・ 藍田 ・ 北京原人. この記事の内容の信頼性について 検証が求められています 。 確認のための文献や 情報源 をご存じの方はご提示ください。 出典を明記し 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論は ノート を参照してください。 ( 年3月 ). 満州事変を受け、中国政府は日本の内満州占領を 国際連盟 に提訴し、 年 3月に国際連盟から リットン調査団 が派遣された。関東軍は同時期に 満州国 を樹立して内満州の中国からの分離を進めたが、 年 2月に国際連盟の総会で付議され成立した最終報告書では、日本の内満州における特殊権益を確認した上で 九カ国条約 の原則に基づき内満州は中国に帰属すると認定された。ただし、日本が最終報告書の成立を不服として 国際連盟を脱退 した為に関東軍は内満州の占領を解かず、日本の内満州における軍事行動は 年 5月に日中間で停戦協定( 塘沽協定 )が結ばるまで続いた。.

今回の章を「中国の古代王朝と宗教」と題したが、ここで言う「古代」とは、中国最古の歴史書、司馬遷の『史記』の最初に出てくる本紀(帝王の年代記)の「五帝本紀第一」「夏本紀第二」「殷本紀第三」「周本紀第四」の時代のことである。夏と殷と周の三王朝を合わせて「三代(だい)」と呼ぶが、かつて黄河の流域には、黄帝(こうてい)、紐柊 せんぎよく 、帝コク(ていこく)、堯(ぎょう)、舜(しゅん)などの名君が存在していたという言い伝えがあり、「五帝」と呼ばれている。黄河流域の中央で、現在洛陽(ルオヤン)のある河南(ホーナン)省に、最古の夏王朝が起こったという伝承がある。夏王朝の始祖である禹(う)王は、大洪水を13年かけて治めることに成功したと伝えられている。しかし、夏王朝17代目の梁王(りょうおう)が暴君だったために、殷の成湯大乙(いわゆる湯王)に滅ぼされたと言われる。堯(ぎょう)、舜(しゅん)、禹(う)の三人は、前23世紀~前22世紀にかけての徳の高い聖王として知られており、後代の儒教は、これら三名君に湯(とう)、文、武、周公、孔子の5名を加えた8名を儒教的な聖人として理想化した。ただし、占いの卜辞(ぼくじ)や文献の史料で確認できるのは、殷の湯王以降であるから、夏王朝の禹王以前の人物は半ば伝説的な帝王と見なされている〔朝日百科『世界の歴史』(3)15頁〕他。.

詳細は「 中華人民共和国の行政区分 」を参照. 甲骨文字には鬼方と呼ばれる強大な異民族を攻撃したときの様子が記されており、動員兵力数万人のうち投入された「媚」は3千人に達したと書かれています。 敵の「媚」を捕らえることは最大級の功績で「蔑暦」と呼ばれたと記されています。敵の「媚」は呪力を封じるために真っ先に殺されました。.

中華民国 ( 台湾 )、 中華人民共和国 ( 中国大陸 )、 香港 、 マカオ 、 シンガポール 、 マレーシア などの華人社会を『大中華圏』と評している。. 宋 末、蕭道成 (しょうどうせい) (のちの高帝)が順帝の禅譲を受けて建てた国。都は建康。年、7世で一族の蕭衍 (しょうえん) ( 梁 の武帝)に滅ぼされた。 北斉 に対し、 南斉 とも呼ぶ。. 世祖 至元 27年( 年 ).

このクリエイターの人気記事

永楽帝は宦官の 鄭和 を南海に派遣した。鄭和の船団は 東南アジア から 東アフリカ 沿岸までに進出し、 キリン などの珍品を中国にもたらした。永楽帝はまた、モンゴル討伐の遠征を行っているが征服には至らなかった。永楽帝没後、明は対外拡張路線を縮小した。 年 の 土木の変 で エセン・ハーン が 正統帝 を捕縛するに至り、明は北方の侵略に苦しむようになった。また、海岸部でも倭寇が攻勢を強めており、対策に苦慮するようになった(北虜南倭)。. 第4代昭王の時には、東・南方の夷(い)と呼ぶ部族がしだいに強力になり、周の東南進出は停止した。このために行なわれたのが夷狄(いてき)を防ぐ「尊皇攘夷」である。昭王も南征の途中で死んだと伝えられている。第5代穆王 ぼくおう のときに一時西北に進出したが、以後周の勢力は宗周と成周を結ぶ地域に限定された。第6代共王の前後から、王朝内部で貴族層の再編成が行われ、限られた地域内で貴族層の地位と秩序を維持する方策がとられた。また秩序維持のために王朝における儀礼が重視され制度化された。しかし周王の統制力が緩み始めると、貴族と諸侯の間で土地や民の売買が行なわれるようになり、周の封建制度が揺らぎ始めた。第10代鉛王 れいおう は王室の回復を図ったが、これに反対する貴族たちに追われ、前841年に吃 てい 山西省霍県 に亡命し死亡した。この亡命期間、有力貴族であった共伯和が政治を代行した 共和制時代 。鉛王の死後、子の宣王が即位して、南進を企てたり、北方の蛮族の南下を阻止したが、王権の強化を急ぎすぎたために、再び貴族の反抗を招いた。12代の幽王は失政が多く、申皇后と王位継承の太子である宜臼を廃位させて、代わりに愛妾の褒滑 ほうじ を皇后に任じて、彼女の子である伯服を王位継承の太子にしたため内乱が生じ、幽王は外敵に殺され、周王朝は一旦滅亡した。しかし、ほんらいの正統の太子である宜臼は、東の成周に逃れ、即位して平王となった(前770年)。これ以後は東周時代 春秋・戦国時代 となり、周王室の力は失われることになった〔以上は主として平凡社『世界百科大事典』ネット版による〕。.

武帝 太康 元年( 年 ). Previous Reading. 貞人は集団の指導者あるいは神の代弁者として人々を導きました。 有力な貞人のもとに人々は集まり部族が形成され、部族が集合して国となります。部族連合の長、すなわち殷王も貞人の一族であり、祭祀王でありました。. 神話伝説 ( 三皇五帝 ). 平帝 元始 2年( 2年 ).

11 poji pori .

チベット自治区 では歴史的なチベットの主権を主張する ダライ・ラマ の亡命政権が海外に存在し、中国共産党政府が不法な領土占拠をしていると訴えるとともに独立運動が継続されている。中国共産党政府はこれを武力で弾圧し続け、独立運動家への拷問などを行ない、経済的に不利なチベット人の生活も困窮したために、多数の 難民 が隣国の インド に流入した。 年 3月14日 には、チベット自治区 ラサ で、中国政府に対する僧侶や市民の抗議行動が激化し、中心部の商店街から出火、武装警察などが鎮圧に当たり多数の死傷者が出た。 年 に戒厳令が敷かれた時の騒乱以来最大の規模となった。外国メディアだけでなく中国の国営メディア 新華社通信 も報じた。 北京オリンピック に向けた時期に、チベット問題を国際世論に訴えようとするチベット独立派の意図が背景にあるとされる。中国政府は、翌15日から外国人と一般の中国人の自治区入りを禁じる措置をとるとした。 チベット亡命政府 によると確認されただけで死者は少なくとも80人はいると発表された。それと同時に世界各国の中国大使館前でも中国政府への抗議活動が繰り広げられた。.

伝説上の最古の王朝。開祖は禹 (う) (舜 (しゅん) の禅 (ゆずり) を受けたと伝えられる)。都は安邑(山西省)ほか。17代桀 (けつ) のとき 殷 (いん) に滅ぼされる。その実在は確認されていないが、河南省偃師 (えんし) 県二里頭遺跡の発見により、存在が強く主張される。. もと晋の六卿の一。前年 魏 ・ 趙 とともに 晋 を3分割し自立。前年に周王により諸侯に列せられた。都は平陽・宜陽・鄭と変遷。国勢盛んであったが、前年11世で 秦 に滅ぼされた。.

Next Reading.

ソ連の ヨシフ・スターリン の死後、 年 に フルシチョフ によって「 スターリン批判 」が行われると、 東欧 の 社会主義国 ( 東側諸国 )に動揺がはしった。中国共産党政府も共産圏にある国としてこの問題への対処を迫られ、この年初めて開催された党全国代表大会では、「毛沢東思想」という文言が党規約から消えた。そして、2ヶ月に渡り「百花斉放、百家争鳴」と称して 中国民主党 などの「 ブルジョワ 政党」の政治参加が試みられた。しかし、ブルジョワ政党が中国共産党政府による一党独裁に対して激しい批判を噴出させたため、逆に共産党による 反右派闘争 を惹起し、一党支配体制は強められた。. 一党独裁の弊害により、官僚の腐敗が深刻化している。 改革開放 によりイデオロギーが退潮した結果、幹部はひたすら金儲けに走るようになった。共産党幹部が自身の所持している工場で人民を 奴隷 同様に扱い 労働 に従事させるといった事例もあった。. 詳細は「 台湾の行政区分 」を参照.

  • 毛沢東は文革の目的をブルジョワ的反動主義者と「実権派」であるとし、劉少奇とその支持者を攻撃対象とした。毛沢東は 林彪 の掌握する軍を背景として劉少奇を失脚させた。しかし、文化大革命は政治だけにとどまることがなく、広く社会や文化一般にも批判の矛先が向けられ、反革命派とされた文化人をつるし上げたり、反動的とされた文物が破壊されたりした。.
  • 第4代昭王の時には、東・南方の夷(い)と呼ぶ部族がしだいに強力になり、周の東南進出は停止した。このために行なわれたのが夷狄(いてき)を防ぐ「尊皇攘夷」である。昭王も南征の途中で死んだと伝えられている。第5代穆王 ぼくおう のときに一時西北に進出したが、以後周の勢力は宗周と成周を結ぶ地域に限定された。第6代共王の前後から、王朝内部で貴族層の再編成が行われ、限られた地域内で貴族層の地位と秩序を維持する方策がとられた。また秩序維持のために王朝における儀礼が重視され制度化された。しかし周王の統制力が緩み始めると、貴族と諸侯の間で土地や民の売買が行なわれるようになり、周の封建制度が揺らぎ始めた。第10代鉛王 れいおう は王室の回復を図ったが、これに反対する貴族たちに追われ、前841年に吃 てい 山西省霍県 に亡命し死亡した。この亡命期間、有力貴族であった共伯和が政治を代行した 共和制時代 。鉛王の死後、子の宣王が即位して、南進を企てたり、北方の蛮族の南下を阻止したが、王権の強化を急ぎすぎたために、再び貴族の反抗を招いた。12代の幽王は失政が多く、申皇后と王位継承の太子である宜臼を廃位させて、代わりに愛妾の褒滑 ほうじ を皇后に任じて、彼女の子である伯服を王位継承の太子にしたため内乱が生じ、幽王は外敵に殺され、周王朝は一旦滅亡した。しかし、ほんらいの正統の太子である宜臼は、東の成周に逃れ、即位して平王となった(前770年)。これ以後は東周時代 春秋・戦国時代 となり、周王室の力は失われることになった〔以上は主として平凡社『世界百科大事典』ネット版による〕。.
  • 驚くべき史記の正確性 劉鉄雲と交流のあった羅振玉(ラシンギョク)、そして王国維(オウコクイ)の2人は小屯村を発掘調査し、文字の刻まれた竜骨、青銅器、玉器などを多数発見します。 年辛亥革命勃発。日本への亡命を余儀なくされた2人は日本の学者の協力などを得て、竜骨に刻まれた文字(甲骨文字)の研究と解読に努めました。そしてある事実に到達します。 小屯村は殷王朝末期の都であるということ、甲骨文字で刻まれた殷王の名前と史記「殷本記」に記された殷王の名前がほぼ一致するということでありました。 物的証拠と文献資料の一致によってこれまで伝説とされてきた「殷」王朝の実在が証明されたのです。.
  • 例えば、「凡そ天神地梢は神梢官皆常典に依りて祭れ」と規定している。また「凡そ践祚の日 中略 忌部、神璽の鏡剣たてまつれ」「凡そ六月、十二月の祁の日の大祓には 中略 東西の文部、祓の刀たてまつりて祓詞 はらいごと 読め」と規定しているのが道教の影響である。中務省に所属する陰陽 おんみょう 寮では、陰陽頭 かみ の職として、「天文、暦数、風雲の気色、異 あや しきこと有らば、密封して奏聞せむ事」と規定し、その属僚として「占筮して地を相 うらな う」ことを職とする陰陽師6人、陰陽生 定員10人 を教育指導する陰陽博士一人、「天文の気色を候 うかが い、異しきこと有らば密封する」ことを職とする天文博士一人などが記載されている。これらの陰陽頭や陰陽博士などの職は、道教の教理あるいは道術を持ちこんだもので、道教を学習し修得することなしに、その職務を遂行することができない。.

19 3. - - [ .

この記事が入っているマガジン

豊臣秀吉 の 朝鮮出兵 に対して、 李氏朝鮮 を支持し介入することになるが国を傾けることとなり、 女真族 の ヌルハチ に サルホの戦い で負けると国の頽勢は一気に進んだ。. 毛沢東は文革の目的をブルジョワ的反動主義者と「実権派」であるとし、劉少奇とその支持者を攻撃対象とした。毛沢東は 林彪 の掌握する軍を背景として劉少奇を失脚させた。しかし、文化大革命は政治だけにとどまることがなく、広く社会や文化一般にも批判の矛先が向けられ、反革命派とされた文化人をつるし上げたり、反動的とされた文物が破壊されたりした。. 元謀 ・ 藍田 ・ 北京原人. 詳細は「 中国の人権問題 」を参照.

知っておきたい:

コメント

  1. ちなみに、十二支はほんらい動物とは無関係で、例えば「申(しん)」は稲光を模(かたど)ったもので、「神(しん)」「伸(しん)」を意味していた。十二支が動物と関連づけられたのは秦の時代で(前3世紀後半)、これは古代バビロニアの天文学で、地球の黄道に沿う十二の星座宮を「黄道十二宮」として、これらの星座に「牡羊座」「牡牛座」「蟹座」「獅子座」「蠍座」など動物の名前をつけたことに由来すると言われる。黄道十二宮を「獣帯」"the zodiac" と呼ぶのはこのためである〔『朝日新聞』2016年1月13日号「十二支の申はなぜ猿?」を参照〕。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |