カトリーヌ ド メディシス ノストラダムス

公開日: 11.01.2021

派手な装飾や贈答品によって誇示された盛大な [23] 結婚式は年10月28日に マルセイユ で挙行された [注 3] 。アンリ王子はカトリーヌのためにダンスと 馬上槍試合 を披露している。その深夜、14歳の夫婦は婚姻を遂行するために結婚舞踏会を辞した。アンリは父フランソワ1世に伴われて寝室に現れ、フランソワ1世は婚姻が完了するまでそこで見届けたとされる [注 4] 。彼は「二人は馬上槍試合の如き勇気を示した」と述べている [23] 。教皇クレメンス7世は翌朝に新郎新婦の元を訪れ、婚姻が成し遂げられたことを祝福した [24] 。.

それから1か月以内にコンデ公と コリニー提督 は兵を動員した。彼らはイングランドと同盟を結び、フランス諸都市を占拠する [注 10] 。カトリーヌはコリニー提督と会見したが、彼は帰順を拒絶した。このため、彼女は「あなた達が軍隊に頼るならば、私たちのものもお見せしましょう」とコリニー提督に言い返した [75] 。国王軍はただちに反撃し、ユグノーの拠点 ルーアン を包囲した。カトリーヌは、この包囲戦で狙撃され死の床にあったナバラ王アントワーヌのもとを訪ねている [注 11] 。この際に周囲の者が戦場へ赴くのは危険であると止めると、彼女は「私の勇気はあなたのものより大きいのです」と笑ったという [76] 。.

Contents 1 カトリーヌ・ド・メディシスとは 1. アンリ2世とモンゴムリ伯との馬上槍試合 引用元 : Wikipedia. カトリーヌはジャンヌ・ダルブレに宮廷に出仕するよう圧力をかけた。彼女はジャンヌの息子との面会を求め、決して危害を加えないと約束すると書き送った。これに対してジャンヌは「申し訳ありません。私はお手紙を読んで笑ってしまいました。なぜなら、貴女様は私がかつて感じたことすらない恐怖を取り除いてくださると申されますので。私は、人々が言うように、貴女が小さな子供を食べてしまうと考えたことなどございません」と返書した [95] 。ジャンヌが宮廷に出仕すると、カトリーヌは彼女の手を強く握りしめ [注 13] 、最愛の息子に対する彼女の希望につけ込んだ。ジャンヌはアンリがユグノーに留まることを条件として、最終的に息子とマルグリットとの結婚に同意した。ジャンヌは結婚衣装を買うためにパリを訪れた際に病に罹り、44歳で急死した(これにより、息子のアンリ・ド・ブルボンがナバラ王位を継承した)。ユグノーの記録者たちはカトリーヌが手袋に毒を仕込み、ジャンヌを殺害したと非難している [注 14] 。結婚式は 年 8月18日にパリ市内の ノートルダム聖堂 で挙行された。.

アンリ2世はディアーヌのシンボル・カラーである黒と白の羽根飾りを身にまとって馬上槍試合に臨んだ [47] 。アンリ2世はギーズ公とヌムール公を破ったが、若い モンゴムリ伯ガブリエル・ド・ロルジュ は彼を強打して落馬しかけさせた。アンリ2世はモンゴムリ伯に再戦を挑み、この時、モンゴムリ伯の槍が国王の顔面を突き刺した [48] 。アンリ2世は落馬し、顔面からは血が噴き出し、「とても大きな」破片が目や頭に突き刺さっていた [注 6] 。. 少なくともカトリーヌは末娘マルグリットとナバラ王とを結婚させる予防措置を講じてはいた。ところが、マルグリットはフランソワと同様にカトリーヌにとっての悩みの種になっており、 年 に彼女は一人でフランス宮廷に戻ってきていた。カトリーヌはマルグリットが愛人をつくっていると知り、金切り声をあげた [] 。カトリーヌは ポンポンヌ・ド・ベリエーヴル ( 英語版 ) をナバラへ派遣してマルグリットの帰国を手配させている。 年 、マルグリットは再びナバラから逃げ出した [] 。彼女は領地の アジャン に引き籠り、母に金銭を乞うた。カトリーヌは「彼女のテーブルに食事を置く」に十分な金銭を送っただけだった [] 。カルラ城に移ったマルグリットはドゥ・ビアッキ( d'Aubiac )を愛人にした。カトリーヌはアンリ3世にマルグリットが再び自分たちに恥をかかせる前に行動を起こすよう求めた。 年 10月、マルグリットは ユッソン城 ( 英語版 ) に幽閉され、愛人のドゥ・ビアッキは処刑された(カトリーヌはマルグリットの面前で殺すよう命じたが実行はされなかった) [] 。カトリーヌはマルグリットを彼女の遺言から切り離し、二度と会うことはなかった。.

: Wikipedia. 3 [] 312233 3 8 [] 3 [ 21] …… [] 11… []. 10 5 6 [9] 7 7 duchessina [10] [11]. 9 2 2 1 [ 12] 2 [94] .

医師または薬剤師を祖とする [注 2] フィレンツェ の新興富豪一族 メディチ家 は巨大な富と権力を手にしていた。カトリーヌの父 ロレンツォ2世・デ・メディチ は叔父の教皇 レオ10世 によって ウルビーノ公 に叙されたが、ロレンツォの死後にその称号は フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ に奪い返されている。このため、父が公爵であり、母 マドレーヌ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ がブローニュ女伯爵であるにもかかわらず、カトリーヌ本人は比較的低い出自となった。. 熱心なカトリックであるギーズ家兄弟はプロテスタントの迫害を始めた。カトリーヌは穏健な立場をとりギーズ家による迫害に反対したが、自身は ユグノー に共感していたわけではなく、そもそも彼らの信条をよく理解してはいなかった。ユグノーは当初は 第一血統親王 ( prince du sang )である ブルボン家 のナバラ王 アントワーヌ を盟主に戴き、その後、より信仰に熱心な弟コンデ公 ルイ1世 を盟主としており、彼はギーズ家を武力で打倒しようとする陰謀を支援していた [60] 。ギーズ家兄弟がこれを察知すると [注 7] 、宮廷を アンボワーズ城 へ移させた。ギーズ公は城外の森に潜んでいた反乱軍に奇襲をかけ、指導者ラ・ルノディーを含む敵の多くをその場で殺害した [61] 。生き残りは川に投げ込まれるか、カトリーヌや廷臣たちの面前で絞首刑に処された [62] 。. アンリ3世はカトリーヌのお気に入りの息子だった。兄たちと異なり、アンリ3世は成人男性として即位している。 肝臓 が弱く、慢性疲労に悩んではいたものの、彼は比較的健康でもあった [] 。しかし、政務に対する関心は気まぐれなものであった。彼はその人生の最後の数週間前まで、カトリーヌや彼女の顧問官たちに依存している。彼はしばしば国事から隠れて 巡礼 や 鞭打ち苦行 といった敬神行為に熱中した [] 。.
  • ノストラダムスの大予言という言葉は有名ですが、私もよくよく書物を読むと、予言なんかしていない、という意見が多いですね。 人の心の悪しき習性を感じ、このままでは世界は滅びる、と呟いたことはあるかもしれませんが。 滅ぼさないために何とかせねば、が、後世予言になることもあり得ます。 空から恐怖の大王が急襲となれば、やはり宇宙人を連想します。 ヒゲの独裁者といえばヒトラー? キリがないし信憑性はもちろん皆無。 今後も人類は、予言の類には毅然とした態度で臨みたいところです。 今の主流は「君が世界を変えていく」というメッセージです。 そういう人間は時を待たない。自分が変えるなら予言は関係ないわけです。. ユグノーは大西洋沿海地域の要塞化された拠点ラ・ロシェルへと退却し、ジャンヌ・ダルブレも15歳の息子アンリ・ド・ブルボンとともに彼らに合流した [90] 。ジャンヌはカトリーヌに対して「私たちは神と信仰を捨てるよりは死ぬことを決意してここへやって来た」と書き送っている [91] 。カトリーヌはジャンヌを「世界で最も恥ずべき女」と呼んだ [92] 。だが、資金を使い果たした国王軍は 年 8月8日に サン=ジェルマンの和議 ( 英語版 ) を結び、ユグノーに対してそれまで以上の寛容を余儀なくされた [93] 。.
  • Naaya Alex.

この記事へのコメント 沢里尊. Catherine Marie Romula カトリーヌ・マリー・ロミュラ Caterina Maria Romula カテリーナ・マリア・ロムラ. 当時はイタリアを巡ってフランスとハプスブルク家との戦闘が続き、マルティン・ルターによる宗教改革運動もあり、とても不安定な時代でした。 年フィレンツェにおけるメディチ家の政権は、反対勢力により打倒され、 カトリーヌは人質として女子修道院に入れられました。. ISBN カテゴリ : カトリーヌ・ド・メディシス 16世紀の女性統治者 フランスの王妃 フランスの摂政 女性摂政 ドーフィヌ・ド・フランス オルレアン公妃 ブルターニュ公妃 オーヴェルニュ伯 ドルー伯 メディチ家 ユグノー戦争の人物 ヴァロワ朝の人物 フィレンツェ共和国の人物 フィレンツェ出身の人物 年生 年没 フランスの王太后.

  • 名前空間 ページ ノート.
  • 最終更新 年4月18日 土 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

- WRITER. 7 wikipedia. [23] 1028 [ 3] 1411 [ 4] [23] 7 [24]. 2 Wikipedia? 60 .

文化史本好きが、「文化史系本のガイド」を目指します。美術、世界史と絡んだ様々な文化史関連本をご紹介します。

同年6月22日にパリで 代理結婚式 は祭典や舞踏会、仮面劇など、様々な祝いの式がもうけられました。 しかし、アンリ2世が気まぐれで思いついた祝宴の余興のなかで悲劇 がおきます。 アンリ2世の頭部に、部下の槍が誤って刺さってしまい、王はそのまま亡くなってしまった のです。誰もが予期せぬ出来事でした。. 教皇クレメンス7世 。セバスティアーノ・デル・ピオンボ画 年 引用元: wikipedia. 沢里尊殿、そなたの言われるように、わしは未来を予知するという意味での予言をしたつもりはない。ただ様々な情景が見えたり聞こえたりしただけであり、それは神がわしに見せたものであるとは考えているが、わし自身、それが何を意味するのかはわからぬ。 そんなわしがいつのまにか大予言者とされているのは不思議だ。わしは医者として人々を救おうとして、ペストの流行地帯にも足を踏み入れ、患者の治療に当たった。何人かを救うことはできたが、流行をくい止めることはできず、多くの人々が苦しみのうちに死んでいった。人々の魂を救うはずのキリスト教も四分五裂状態である。こんな情景を見ていれば、この世の破滅を予感するのも無理はなかろう。 しかし、だからといって破滅の運命をただ待ち受け、何もしないということもできなかった。わしが神の見せた情景を詩の形で書き残したのも、これが後世の人々にとって警告となれば、というつもりだったのである。.

カトリック軍はルーアンを占領したが、その勝利の喜びは短かった。 年 2月18日、オルレアン包囲中に密偵ポルトロ・ド・メロがギーズ公を背後から銃撃した [77] 。この暗殺事件は貴族間の私闘( フェーデ )の引き金となり、内戦をより複雑なものとすることになる [78] 。だが、カトリーヌは同盟者の死を喜んだ。彼女は「もしも、ギーズ殿がすぐに死ぬならば、和平はより速やかに成し遂げられましょう」とヴェネツィア大使に語っている [79] 。同年3月19日、 アンボワーズ勅令 ( 英語版 ) (和解勅令)が発せられた。カトリーヌはユグノーとカトリック双方の軍隊を用いてイングランド軍に占領されていた ル・アーヴル を奪回させた。.

1013 [70] RJ [71] 1 [ 9] 31 74 [72] [73] 30 [74]. ISBN ? 2152 2 [54] [55] [56] … [57] ! 10 755. : Wikipedia.

ノストラダムスと王妃:リアリティーに溢れた予言者の真実の姿

アッキー殿、MMRもキバヤシなる人物もわしは知らない。だから、予言者とはとてもいえないことはこの点でもおわかりであろう。 世の中の酷さを比喩的に書き表した物…そうかもしれぬ。わしの想念に浮かんできたものは、神がそういう形で現実世界のありさまをわしに見せつけたのかもしれぬ。 で、偽物が横行しているとな! けしからん話だ。わしの詩から警鐘を読み取るのではなく、ただいたずらに人々を不安に駆り立て、刹那的な生き方に走らせたり、ひどい場合にはそれを利用して金儲けを企むという連中ではないのかね。 わしのことを書いた本がずいぶん売れたという話も聞くが、まったくもって腹立たしい。わしの真似をするなら、伝染病の蔓延している地域に飛び込んでいくぐらい事をすべきであろう。. Naaya Alex. またアンリ2世は彼女に新たな爵位を与え、 高価な宝石ばかりでなく、白亜のシュノンソー城までをプレゼントして、狩や戦場、どこにでも彼女を同伴していた ようです。.

1013 [70] RJ [71] 1 [ 9] 31 74 [72] [73] 30 [74]. 60. [] 130 []. [95] [ 13] 44 [ 14] 818. カトリーヌ ド メディシス ノストラダムス [] 17 [3] [] [2] [] [] [] 3 [] [] [3]. Nostradamus                .

神聖ローマ帝国大使は、アンリ2世は来客たちの前でディアーヌの膝に座ってギターを弾き、政治について語り、または彼女の乳房を愛撫していたと報告している [40] 。ディアーヌはカトリーヌを脅威と認識していた。彼女は国王にカトリーヌと寝室を共にして、もっと子供をつくるよう勧めた [41] 。 年 、カトリーヌは双子の娘を出産した際に死にかけている。医師たちはカトリーヌの命を救うために双子の一人の脚を折り、その子は彼女の胎内で死亡した [42] 。生き残った子も7週間後に死亡した。以後、カトリーヌが子を生むことはなくなった。. 詳細は「 ユグノー戦争 」を参照. カテゴリ : カトリーヌ・ド・メディシス 16世紀の女性統治者 フランスの王妃 フランスの摂政 女性摂政 ドーフィヌ・ド・フランス オルレアン公妃 ブルターニュ公妃 オーヴェルニュ伯 ドルー伯 メディチ家 ユグノー戦争の人物 ヴァロワ朝の人物 フィレンツェ共和国の人物 フィレンツェ出身の人物 年生 年没 フランスの王太后.

この記事を書いている人 - WRITER -.

[] .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |