源氏 物語 光る 君 誕生 テスト

公開日: 02.01.2021

朱雀院への行幸に先立ち、身重の藤壺に気遣って宮中で試楽が催された。源氏は頭の中将と青海波を舞い激賞されるが、藤壺は言葉少なに褒めただけだった。出産のため三条宮に退出した藤壺は、さらに源氏を遠ざける。源氏の思いは藤壺に似る紫の上に向けられていく。このため葵の上との仲はいっそう遠くなった。   藤壺が出産をした。源氏の生き写しの皇子を前にして、藤壺は恐れおののくが、事実を知らない帝は皇子の誕生を手放しで喜んだ。   そのころ源氏は源典侍という好き者の老女と関係を持った。それを知った頭の中将も源典侍に通う人となる。ふたりは老女をだしにしてふざけあった。. 典拠管理 WorldCat Identities BNF : cbg データ GND : LCCN : n NDL : VIAF :

再訪しての誘いにもなびかない空蝉に源氏は固執する。小君の手引きで紀伊守の邸宅を三度目に訪れた源氏は開放的な様子の若い女(軒端萩)と碁を打つ空蝉を垣間見る。若い女とくらべ見栄えはよくないが、源氏は空蝉に品のある慎みを感じる。夜、源氏は寝所に忍び込むが、それを察した空蝉は小袿を脱ぎ捨て寝所を抜け出した。行きがかり上、源氏は空蝉と同室で眠っていた軒端萩と情を交わす。   翌朝源氏は空蝉が脱ぎ捨てた小袿を持ち帰り、歌に思いを託す。小君から歌を渡された空蝉は、源氏の思いに応えられない我が身の情けなさを歌に詠み、源氏の歌の端に書きつけた。. 柏木の一周忌が巡ってきた。源氏や夕霧の厚意に事情を知らない柏木の父、致仕の大臣は、感激しつつ悲しみを新たにする。源氏は日に日に成長する薫の姿に自身の老いを感じる。   秋、落葉の宮を見舞った夕霧は柏木が愛した横笛を贈られる。その晩、夕霧の枕に柏木が立ち、その笛は別の人に贈りたいと語る。   笛の処置に困った夕霧は六条院を訪れる。薫を見た夕霧はその面影に柏木を感じ、源氏に柏木の遺言を質した。.

与謝野晶子 は生涯に3度現代語訳を試みた。与謝野は12歳当時、『源氏物語』を原文で素読していたことをのちに自身の歌の中に詠み込んでおり、さまざまな創作活動の中に『源氏物語』の大きな影響を読み取ることができる。. ただし、たびたび喧伝されている「 世界最古の 長篇小説 」という評価は、近年でも年(平成20年)の 源氏物語千年紀 委員会の「源氏物語千年紀事業の基本理念」でも、『源氏物語』を「世界最古の長編小説」と位置づけ [22] するなどしているが、王朝文学に詳しい作家 中村真一郎 による、(古代 ラテン文学 の) アプレイウス の『黄金のロバ』や、 ペトロニウス の『 サチュリコン 』に続く「古代世界最後の(そして最高の)長篇小説」とする知見 [23] や、 島内景二 のように日本国内にも『 竹取物語 』や『 うつほ物語 』などがあるため最古とは認定できないという意見 [24] もあり、学者たちの間でも見解が異なる。20世紀に入り、英訳、仏訳などで欧米社会にも紹介され、『 失われた時を求めて 』など、 20世紀文学 との類似から高く評価されるようになった。.

源氏二十歳の春、南殿で桜の宴が催された。源氏は帝に所望され、詩や舞を披露し賞賛される。そんな源氏に対して、弘徽殿の女御は憎しみを募らせる。   宴が終わり、酔い心地で源氏が弘徽殿に忍び込むと、「朧月夜に似るものはなき」と口ずさみながら来る女(朧月夜)がいた。源氏が袖をとらえると女は最初おびえるが、源氏と知って心を許す。翌朝ふたりは名前も交わさぬまま扇だけを取り交わして別れた。その後、源氏は女が政敵である右大臣の娘、弘徽殿の女御の妹と知り、再会の困難を思う。   朧月夜は東宮に輿入れする予定だったが、源氏との逢瀬に思いふけていた。そんな折、右大臣家の宴に招かれた源氏は酔いすぎた風を装い、姫君たちの居室に向かった。当て推量で先日の扇の持ち主を問いかけると、返した声はまさにその人自身のものであった。.

暑い夏の日、源氏が夕霧と釣殿で涼をとっていると、内大臣家の若者たちが現れた。源氏は彼らから、内大臣が最近探し当てた外腹の子(近江の君)の出来が悪く困っていると聞くと、夕霧と雲居雁の件で気を悪くしていた源氏は内大臣を責める。   黄昏時になって源氏は、玉鬘と琴を唱和しながら夕顔のことを語る。玉鬘に恋心を抱く源氏だが、現実を考え、髭黒の大将か蛍の宮に玉鬘を託すことを考える。   内大臣は、夕霧と雲居雁の結婚を許そうと考えるが、源氏が折れない限りはと思い直す。近江の君にほとほと手を焼く内大臣は、弘徽殿の女御に行儀見習いを頼んだ。.

. [58]. UKIYO-E.     .

第一皇子は、右大臣の娘で女御となった人 =弘徽殿女御 のお産みになった方で、後ろ盾がしっかりしていて、疑いなく皇太子 になられる方である と、世間でも大切にお仕え申しあげているけれど、この 若宮の つややかなお美しさにはお並び申せそうもなかったので、 帝は第一皇子を ひととおりの大切な方としてのご寵愛で、この若宮は、秘蔵の子とお思いになって大切になさることこの上なもない。. 六条御息所は源氏への思いを断ち、娘とともに伊勢に向かう決心をした。出発間近になって、源氏は野宮に六条御息所を訪ね、ふたりは晩秋の野宮で心ゆくまで語り明かした。   十月、かねてより病に伏せていた桐壺院が崩御。年があらたまり、朧月夜が尚侍として帝に仕えた。朱雀帝は、母、弘徽殿の大后の言いなりとなり、源氏は政治的に追いつめられていく。. 更衣の 父の大納言は亡くなっていて、母 である大納言の 北の方は、古風で、教養のある人で、両親そろっていて、現在のところ世間の評判も際立っている 女御や更衣などの 方々にもそれほど劣らないように、 宮中の どんな儀式をも取り図らいなさったけれども、ことさら取りあげるようなしっかりした後見人がいないので、特別なことがある時は、やはり頼る所がなく心細そうな様子である。.

源氏物語 光る君誕生(桐壺・光源氏の誕生)1 品詞分解と訳

写本 については池田亀鑑の説では以下の3種類に分けられるとされる。ただし、その後もこの分類について妥当か研究されている。詳しくは 源氏物語の写本 を参照。. 現在、一般的に源氏物語の巻名の由来は次のようにいくつかに分けて考えられている [34] 。これは室町時代の注釈書『 花鳥余情 』に始まり、いくつかの修正を受けながらも現在でも主流とされている考え方ではあるが、疑問も唱えられている [35] 。.

更衣は おそれ多い帝のご庇護を頼りに申しあげながら、 一方ではこの更衣のことを さげすんだり欠点をお探しになる方は多く、自分自身は弱々しくどこか頼りない様子なので、 帝の寵愛のために かえって 味わうことになった つらい思いをなさる。. 再訪しての誘いにもなびかない空蝉に源氏は固執する。小君の手引きで紀伊守の邸宅を三度目に訪れた源氏は開放的な様子の若い女(軒端萩)と碁を打つ空蝉を垣間見る。若い女とくらべ見栄えはよくないが、源氏は空蝉に品のある慎みを感じる。夜、源氏は寝所に忍び込むが、それを察した空蝉は小袿を脱ぎ捨て寝所を抜け出した。行きがかり上、源氏は空蝉と同室で眠っていた軒端萩と情を交わす。   翌朝源氏は空蝉が脱ぎ捨てた小袿を持ち帰り、歌に思いを託す。小君から歌を渡された空蝉は、源氏の思いに応えられない我が身の情けなさを歌に詠み、源氏の歌の端に書きつけた。.

に相当する部分が存在せず、位置的には「桐壺」と「帚木」の間にこれらの内容があってしかるべきであるとされる(現に、この脱落を補うための帖が後世の学者によって幾作か書かれている)。藤原定家の記した「奥入」にはこの位置に「 輝く日の宮 (かがやくひのみや)」という帖がかつてはあったとする説が紹介されており、池田亀鑑や 丸谷才一 のようにこの説を支持する人も多い。つまり、「輝く日の宮」については、.

37 [37] [38] [39].    . [40]. [58] ?

入内の 初めから自分こそは 帝の寵愛を得よう と自負しておられた 女御 の方々は、 この方を 目にあまる者として、さげすみ嫉妬なさる。 同じ身分 の更衣 、それより低い身分の更衣たちは、いっそう気が気でない。 朝晩の宮仕えにつけても、 他の 人々の心を動揺させるばかりで、恨みを受けることが積もり積もった結果であったのであろうか、たいそう病気がちになってゆき、なんとなく心細い様子で実家に下がりがちであるのを、 帝は ますます限りなくいとしい者とお思いになって、他人の非難をも気にすることがおできにならず、世間の 悪い 先例にもなってしまいそうなご待遇である。.

a系 第一部( 紫上系 ). 風巻景次郎 は、現在の『源氏物語』には存在しない「輝く日の宮の巻」と「桜人の巻」の存在を想定し、それによって武田説に存在した「並びの巻」と「玉鬘系」の「ずれ」を解消し、「並びの巻が玉鬘系そのものであり、後記挿入されたものである」とした [65] 。. 一条天皇 中宮 ・ 藤原彰子 ( 藤原道長 の長女)に 女房 として仕えた 紫式部 が作者というのが通説である [36] 。物語中に「作者名」は書かれていないが、以下の文から作者は紫式部だろうと言われている。.

. YouTubeviews!      .             2. 2 - .

源氏物語「光源氏の誕生」の解説

明治時代 に入ると、 活字 による印刷本文の発行が始まった。当初は江戸時代に発行された刊本をそのまま活字化するだけであったが、次第に、より古く、より原本に近いと考えられる本文を求めるようになり、「首書源氏物語」の本文と「源氏物語湖月抄」の本文とではどちらが優れているのかといった議論を経て、年(大正3年)に『首書源氏物語』を底本にした校訂本である『源氏物語』が有朋堂文庫から出版され、広く普及した。やがて、明治末年ごろから学問的な本文研究の努力が本格的に始まった。多くの学者の努力によって、「 大島本 」などの「青表紙」系統の写本や、当時はすでに失われてしまったと考えられていた「河内本」系統の写本など多くの古写本が発見され、学問的な比較作業が行われた。その結果は池田亀鑑により『校異源氏物語』および『源氏物語大成 校異編』に結実した。.

谷崎潤一郎 も生涯に3度現代語訳を試みた。. また、 若紫 と光源氏の関係から「懸想をした幼児を自分好みに育てること」を、光源氏になぞらえて慣用句のように「光源氏計画」と言われることがある。.

[68] [69] [70]. [86] [87]. 54 [32] [33].      . [] NHK1109. 1089 823 5 78 3529! 2 [27] .

源氏二十歳の春、南殿で桜の宴が催された。源氏は帝に所望され、詩や舞を披露し賞賛される。そんな源氏に対して、弘徽殿の女御は憎しみを募らせる。   宴が終わり、酔い心地で源氏が弘徽殿に忍び込むと、「朧月夜に似るものはなき」と口ずさみながら来る女(朧月夜)がいた。源氏が袖をとらえると女は最初おびえるが、源氏と知って心を許す。翌朝ふたりは名前も交わさぬまま扇だけを取り交わして別れた。その後、源氏は女が政敵である右大臣の娘、弘徽殿の女御の妹と知り、再会の困難を思う。   朧月夜は東宮に輿入れする予定だったが、源氏との逢瀬に思いふけていた。そんな折、右大臣家の宴に招かれた源氏は酔いすぎた風を装い、姫君たちの居室に向かった。当て推量で先日の扇の持ち主を問いかけると、返した声はまさにその人自身のものであった。. 風巻景次郎 は、現在の『源氏物語』には存在しない「輝く日の宮の巻」と「桜人の巻」の存在を想定し、それによって武田説に存在した「並びの巻」と「玉鬘系」の「ずれ」を解消し、「並びの巻が玉鬘系そのものであり、後記挿入されたものである」とした [65] 。.

一の皇子 みこ は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなきま も うけの君と、世にもてかしづき聞こゆれど、この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。. 新春の六条院は栄華に満ちていた。なかでも紫の上が住む春の町はこの世の極楽のようだった。   元日、源氏は六条院に住む女君たちを訪れ、歌や贈り物を交わした。夕刻、明石の君の元を訪れると、明石の君は明石の姫君からの文を読み思い乱れていた。その日源氏は明石の君と朝を迎える。   翌日、源氏の元には多くの客が新年の挨拶に訪れるが、玉鬘の美貌に気もそぞろだった。その後源氏は二条東院に住む末摘花と空蝉を訪れる。   儀式が一段落し男踏歌が催され、六条院に住む女性たちが対面した。これを機に女楽を開催することを源氏は考える。.

3 1010 10 []. 37183728373728 28.

知っておきたい:

コメント

  1. 病がちな朱雀帝は東宮への譲位を考えるが、そんな時でも心を占めるのは朧月夜のことであった。東宮(実は源氏の子)が元服し、即位をした(冷泉帝)。源氏は内大臣に昇進、葵の上の父、兄もともに昇進し、再び源氏は権勢を強める。   三月半ば、明石の君が女児を出産した。娘のために源氏は乳母を選び、明石に派遣する。同じ頃、源氏は紫の上に明石の君の件を打ち明ける。源氏の話を聞き、素直に嫉妬の感情をあらわにする紫の上の姿を源氏は好ましく感じる。   秋、源氏は住吉にお礼参りに出かける。偶然居合わせた明石の父娘は、源氏のあまりの華やかさに早々と立ち去った。   帝が代わるとともに娘と帰京した六条御息所は病に倒れ、出家した。御息所は娘(斎宮の女御)を源氏に託しこの世を去る。源氏は好き心を抑え後見を誓った。朱雀院は斎宮の女御を所望するが、源氏は藤壺と結託し、冷泉帝へ入内させることを計る。. これらの3分類を見直すべきだとする見解としては、阿部秋生による「奥書に基づいて写本を青表紙本、河内本などと分類することが妥当なのかどうかは、本文そのものを比較しそういう本文群が存在することが明らかになったあとで初めていえることであって、その手続きを経ることなく奥書に基づいて写本を分類することは、本文そのものを比較するための作業の前段階の仮の作業以上の意味を持ち得ない」、あるいは、「もし、青表紙本がそれ以前に存在したどれかひとつの本文を忠実に伝えたのであれば、河内本が新しく作られた混成本文であるのに対し、青表紙本とは別本の中のひとつであり、源氏物語の本文系統は、青表紙本・河内本・別本の3分類で考えるべきではなく、別本と河内本の2分類で考えるべきである」といったものがある [] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |