エルンスト・ ユンガー ガラスの蜂

公開日: 28.12.2020

Mittler-Verlag , Berlin 著者プロフィール ドイツの思想家、小説家、ナチュラリスト、軍人。年、ハイデルベルクのプロテスタント家庭に長男として生まれる。年、第一次世界大戦に志願兵として出征。西部戦線で戦い、年プロイセンの最高勲章プール・ル・メリットを最年少で受賞した。年、戦記の傑作『鋼鉄の嵐』を出版。その後、賠償に喘ぐ敗戦国ドイツの復興をめざす〈保守革命派〉に身を投じ、マルティン・ハイデガーやカール・シュミットらの共感を得た。ナチス政権誕生を予見する『労働者』を書いたが、ヒトラーが独裁を確立するや距離を置き、森に隠棲して昆虫採集などに没頭する。年に書いた小説『大理石の断崖の上で』が後に〈抵抗文学〉として評価される。同年、国防軍に復帰してパリに進駐。戦後の欧州再生ビジョンを記した秘密文書「平和」は反ナチスの軍幹部に回覧され、年7月のヒトラー暗殺計画の支柱となった。戦後は「20世紀のゲーテ」と呼ばれ、日記、エッセイ、小説、往復書簡など旺盛な執筆活動で年にゲーテ賞を受賞した。年、ユンガーの名を冠した昆虫学賞が創設された。年、歳で死去。 「年 『ガラスの蜂』 で使われていた紹介文から引用しています。」.

次に手にしたのは、翻訳本「メイキング・ラブ」。 10 年近く前に翻訳が出て、書評にものった本と記憶する。自分の性生活をここまで正直に赤裸々に語った本も珍しい。しかも、著者はポルノを書くのではなく、れっきとしたピュリッツァー賞を受賞したこともある著名な人だ。. エウメスヴィル ーーあるアナークの手記 叢書・エクリチュールの冒険. 戦場での苛烈な戦闘体験は 年 刊行の作品『 鋼鉄の嵐の中で 』 In Stahlgewittern や、続く『 火と血 』 Feuer und Blut 、『 内的体験としての戦闘 』 Der Kampf als inneres Erlebnis など、初期の戦争作品群に余すところなく書かれている。ユンガーの戦争体験記は「英雄的リアリズム」と呼ばれ、戦争の凄惨を戦争賛美に結び付けているところに特徴があり、戦争の凄惨さから反戦的傾向になる他の作品とは対極性を見せている。例えば エーリヒ・マリア・レマルク の『 西部戦線異状なし 』などと比べてみれば違いは顕著である。.

新しい本棚登録 1 人. Auflage, Klett-Cotta, Stuttgart , ISBN 高橋義孝、江野専次郎訳『文明について』新潮社、年 Der Waldgang , 言葉の秘密 叢書・ウニベルシタス.

Siebzig verweht II ID iPhone Android. nifty. Eumeswil .

Helmuth Kiesel , Stuttgart , ISBN All Rights Reserved. Rio, Residenz des Weltgeistes.
  • 感想・レビュー・書評 並び替え いいね順 新着順. 政治思想 は前期は ファシズム 的であり、戦後、ユンガーとハイデッガーはそれぞれの還暦記念論集において ニヒリズム 論を交換しているが、彼らにとってナチス体験とはニヒリズムの生きた体験でもあった。後期の思想は アナキズム に近接するところがあるとされる。.
  • ドイツが敗れたのはドイツが進歩した 協商国 側とは違って指導者と大衆との結びつきを欠き、古くさい ウィーン会議 に基づく 王朝 国家の経綸の上に立つ 君主制 をとっていたがために、 動員 が総力的な形ではなくて部分的な形でしか行われなかった為である。 誤ったロマン主義と欠陥をもった リベラリズム の混合であり「 ワーグナー の オペラ 」以外のなにものでもなかった [8] 帝政ドイツ は、総動員の時代精神に完全な形で徹することができなかった。 ユンガーの「労働者」や「総動員」の概念は、帝政に執着する旧 保守主義 の心情とは全く無縁のものである。. Das abenteuerliche Herz.

最近チェックした商品

義勇軍 エアハルト旅団 や コンスル などの機関紙の編集に従事すると共に数多くの論考を載せ、若い世代の 保守革命 、革命的ナショナリズムの思想的指導者とされ、 ヴォルフ・ディーター・ミューラー からは「ドイツ魂の最高司令部」と評された。. Amazon hontoネットストア 楽天ブックス e-hon Honya Club セブンネットショッピング ブックオフオンライン. Fassung als Capriccios. ユンガーは、 ヴァイマール共和国 時代、兵力10万人に制限された 国軍 に歩兵 少尉 として残り、 カール=ハインリヒ・フォン・シュテュルプナーゲル 大尉の部隊で カップ一揆 鎮圧に出動。白兵戦指揮の卓越さから次代のドイツ軍のための新しい歩兵操典の作成に加わる。そのまま軍に残っていたならば、 第二次世界大戦 期は陸軍少将か中将になっていたと言われる [1] も、 年 に軍を退官。 ミュンヘン大学 で 生物学者 ・ 哲学者 の ハンス・ドリーシュ に師事し、 生物学 ( 動物学 )及び 哲学 を学んで、 ナポリ の動物研究所の研究員となった。こうして職業的に動物学や 昆虫学 の研究に携わっていた時期だけでなく、 昆虫採集 や研究の活動はユンガーの終生の趣味、仕事となる。 年 に ウィーン で出会ったグレータ・フォン・ヤインゼンと結婚し、二人の子を得た。.

Herrschaft und Gestalt,

  • ユンガーだが、時々昔の本を読んでいるといろいろなところで引用されていることに気づいて改めてこの作家の重要性を認識する。日本では殆ど知られていない作家だが。例えば、昨年亡くなったピーター・ドラッカー氏の処女作「経済人の終わり」を最近再読したのだが、第 1 次世界大戦と世界大恐慌の体験によって何が明らかになったかというと、それまでの資本主義と社会主義は崩壊した、ということと言い切っている。「 Modernity (近代産業社会)が要求する目的合理性と機械化は、それ自らの自動運動をはじめ人間が制御できず、人間はその不合理の淵に沈んでしまう非情さに真っ向から取り組み、人間の孤立化と分子化を是認し、本来の存在理由を失ってしまった人間の役割について哲学的表現を捜し求めた」のがユンガーだと。.
  • エウメスヴィル ーーあるアナークの手記 叢書・エクリチュールの冒険. ユンガーの思想展開で重要なのは、戦場における巨大な 労働 過程の体験である。塹壕の中に単調な労働過程が凝縮されている即物的で機械的な戦争は、華々しい戦闘のリリシズムを奪って、兵士達を「死の日傭人夫 [6] 」に化せしめた。 ユンガーは塹壕を掘り即席の机や、椅子を作り、電話を修理し黙々として戦死者の十字架を掘る兵士達の姿を見て「死の空間における特殊な見なれぬ労働者 [7] 」を感ずる。 ユンガーが大戦当初、期待していた牧歌的な「陽気な射撃戦」ではなく、生が エネルギー に転換されエネルギーが総結集される 総動員 の巨大な労働過程への趨勢であった。 輸送 や 補給 の意義が重視され、 軍需 産業の体制がとられ、上下の 身分 が塹壕のゲマインシャフト 共同体 の中で混合し、 特権階級 の意義が失われ、万人が「アルバイター 労働者 」となって機能する労働の時代を招来した世界大戦はその歴史的意義において フランス革命 を上回る画期的なものだった。.

Herrschaft und Gestalt. 1212. Auflage, Stuttga.

開催中のキャンペーン

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. Neuauflage: Atlantische Fahrt. 高橋義孝、江野専次郎訳『文明について』新潮社、年 Der Waldgang ,

324 UTC - Cookie. 50 ! 720. Serpentaramit Holzschnitten von Alfred Pohl.

このクリエイターの人気記事

Herrschaft und Gestalt , において全体的世界の展望を示す。時代の衝撃と受け止められたこの書は「民族ボルシェヴィズムのカテキズム」と目され、 ナチス 体制を予告するものとされ、また、この時期の マルティン・ハイデッガー に決定的な影響を与えた。ユンガーの読者にはナチス幹部も少なくなかったが、ナチ党の出馬願いや第三帝国の文化アカデミーへの参加を頑に拒むなどナチスとは一線を画し、『大理石の断崖の上で』 Auf den Marmorklippen に見られるようにあくまで反ナチあるいは非ナチに徹した。. メールアドレス: ウェブ上には掲載しません. In Stahlgewittern. Siebzig verweht V ,

Der gordische Knoten. : 19 20 ! Ad hocThema Freikorps. Amazon. 10 [1]. Der Kampf um das Reich. In Stahlgewittern.

私の人生はひょっとして、本を読むためにこそあったような気がする・・・

エウメスヴィル ーーあるアナークの手記 叢書・エクリチュールの冒険. Feuer und Blut , Philemon und Baucis.

1 Modernity. URL :.

知っておきたい:

コメント

  1. Nocturnes , ユンガーだが、時々昔の本を読んでいるといろいろなところで引用されていることに気づいて改めてこの作家の重要性を認識する。日本では殆ど知られていない作家だが。例えば、昨年亡くなったピーター・ドラッカー氏の処女作「経済人の終わり」を最近再読したのだが、第 1 次世界大戦と世界大恐慌の体験によって何が明らかになったかというと、それまでの資本主義と社会主義は崩壊した、ということと言い切っている。「 Modernity (近代産業社会)が要求する目的合理性と機械化は、それ自らの自動運動をはじめ人間が制御できず、人間はその不合理の淵に沈んでしまう非情さに真っ向から取り組み、人間の孤立化と分子化を是認し、本来の存在理由を失ってしまった人間の役割について哲学的表現を捜し求めた」のがユンガーだと。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |