日本 ニュージーランド ラグビー メンバー

公開日: 23.07.2020

初出場。フィジー出身。 レキップ紙によると、m走10秒2の俊足。 チームHPによるとボールを持った時のスピードは時速35キロ。 ニックネームは「ラカ・ロケット」。. 初出場。元U20イングランド代表。 16年シックスネーションズで代表デビュー。 16年夏から犬を飼い始めた。1児の父。 コーヒー好きで、カフェ通いが趣味。.

初出場。将来を嘱望される若手の1人。 NZオークランド生まれ。11歳の時にアイルランド移住。 幼少期はオールブラックスのファン。 そのNZ代表相手に16年11月に代表デビューした。. 初出場。13歳でラグビーを始め、 スコットランドの全寮制男子校に留学。 ユース代表のレギュラーになり、13年下部組織に加入。 イタリアの元U17、18、20代表。. 表 話 編 歴 ニュージーランド代表 - ラグビーワールドカップ 優勝 フォワード サム・ケイン デイン・コールズ ワイアット・クロケット チャーリー・ファウムイナ ベン・フランクス オーウェン・フランクス ジェローム・カイノ リッチー・マコウ ケヴェン・メアラム リアム・メッサム キーラン・リード ブロディ・レタリック ルーク・ロマノ コーディ・テイラー ジョー・ムーディ ヴィクター・ヴィト サム・ホワイトロック トニー・ウッドコック.

アジアラグビーチャンピオンシップ は若手選手を中心としたチーム編成で臨み、 香港 ・ 韓国 を相手に4戦全勝で前年に続き優勝を果たした。続く カナダ 戦は前年のワールドカップ組の半数を招集して臨み、前半をの1点差リードで折り返すものの後半に入って逆転を許し、またFL細田がラフプレーによりシンビンを宣告され14人での戦いを余儀なくされるなど厳しい戦いを強いられた。しかし、FB松島のトライやSO田村のPGを加え再逆転、終了間際カナダにトライを許したものので辛くも逃げ切った。. モスクワ南西キロの都市ペンザ出身。 07年代表デビュー、11年W杯も出場のベテラン。 フッカーだけでなく、バックローの全ポジションもこなす。 所属のVVAモスクワではキャプテン。.

U20 12 16. 12 .

  • カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島出身。 初選出。 9月7日アメリカ戦でジャスティン・ブランシェが 負傷したため急きょ選出。. ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク出身。 エニセイSTMのスクール出身で、19歳で同チームでデビューし、 代表にも初召集。6度の国内タイトルなどに貢献。.
  • 宿澤監督就任初の采配試合となった。年5月28日、 秩父宮ラグビー場 で行われた スコットランドXV との一戦である。スコットランド代表メンバーのうち、レギュラークラスの過半数は ブリティッシュ・ライオンズ のメンバーとしてNZに遠征中だったため、ベストの布陣とは言えず代表扱いではないチームとして「スコットランドXV」を名乗っていたが、ここまで日本はスコットランドには3戦全敗中。そのため、最初から勝てる相手ではないと思われても致し方なかった。ところが、宿澤はこの強力な来日チームの試合を観戦し、次の弱点があることに着眼して「勝てる」と感じ、代表選手たちにこう力説した。. 初出場。12年のU20W杯ではU20ウェールズ代表の 主将を務めたが、病気で戦線離脱した。 ブレークダウン(密集でのボール争奪戦)で力を発揮する。.

一番の問題は「コミュニケーション=言語」

en:Lukhanyo Am. 初出場。ウェールズの元U20代表。 11、15年W杯代表のロイド・ウィリアムズは実兄。 カーディフ・ブルーズアカデミーの卒業生。 俊足の弾丸スクラムハーフ。7人制の代表も経験あり。. en:Willie le Roux. 豊富な運動量でフィールドプレーも得意な万能型プロップ めったに笑わないコワモテながら女性人気はチーム随一 W杯前、母校の新潟工グラウンド天然芝化のため万円を寄付。.

カルガリー出身。元U20カナダ代表。 ブリティッシュ・コロンビア大学では機械工学専攻、19年5月卒。 趣味はゴルフ、旅行、スポーツ観戦。好物はステーキとエビ。.

NZU20NZ 1516 1724. 1811. - -. 16177 1815. - 90 91 92 9396. 4 13 12.

男子日本代表オフィシャルパートナー

初出場。トゥクマン州出身。父親は同州最大のスポーツクラブ 「CLUB HUIRAPUCA SC」の元代表。 3歳から同クラブへ連れられ、ラグビーを始めた。. ヘッドコーチ : ラウリー・メインズ. ラグビーには長年世界一を決める大会がなく、日本は海外遠征やラグビー強豪国を招いてのテストマッチでラグビー強豪国 IRB正加盟国8カ国 を破ることが悲願であったが、実力と試合機会という高い壁に阻まれてきた。 年 、 ラグビーワールドカップ が創設され、日本は第1回大会に招待された。.

2 1712Rugby. 528 XV NZXV3. U1820 152 17. HO 186W11 1. U19 NEC. 3NZ 4.

オールブラックス「No.8」リード主将はトヨタ自動車へ

アメリカ領サモア アンドラ アラブ首長国連邦 アルメニア オーストリア アゼルバイジャン バハマ バルバドス バミューダ諸島 ボスニア・ヘルツェゴビナ ボツワナ イギリス領ヴァージン諸島 ブルネイ ブルガリア ブルンジ カンボジア カメルーン ケイマン諸島 中国 チャイニーズタイペイ コロンビア クック諸島 コスタリカ クロアチア キプロス チェコ デンマーク エストニア フィンランド ギリシャ ガーナ グアム ガイアナ ハンガリー インド イスラエル ジャマイカ カザフスタン ケニア キルギス ラオス ラトビア リトアニア ルクセンブルク マカオ マダガスカル マレーシア マリ マルタ モーリタニア モーリシャス メキシコ モルドバ モナコ モンゴル モロッコ オランダ ニジェール ナイジェリア ニウエ ノルウェー パキスタン パプアニューギニア パラグアイ ペルー フィリピン ポーランド ルワンダ セネガル セルビア シンガポール スロバキア スロベニア ソロモン諸島 スリランカ セントルシア セントビンセント・グレナディーン スワジランド スウェーデン スイス タヒチ タンザニア タイ トーゴ チュニジア トリニダード・トバゴ ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン バヌアツ ベネズエラ ザンビア.

タックルを受けながらパスする「オフロード」の名手。 「世界で最もセクシーなラグビー選手」と称される。 ヘビー級ボクサーでもあり、12年2月にはヘビー級の国内王者に。 今年4月に右ひざの手術を受け、8月に戦列復帰したばかり。.

en:Lood de Jager. ブリティッシュ・コロンビア州出身。元U20カナダ代表。 ビクトリア大学では科学専攻。 カナダ以外に、これまで米国、豪州、NZ、英国のクラブでプレー。. en:Lukhanyo Am.

  • ラグビーワールドカップ 女子ラグビーワールドカップ ラグビーワールドカップセブンズ アジアラグビーチャンピオンシップ アジア5カ国対抗.
  • 初出場。サモア出身。元7人制サモア代表。 豪州やフランスでプレー後、仏トゥーロンへの移籍が噂されたが、 19年に英ウスター・ウォーリアーズに2年契約で加入。 W杯直前の8月末まで新天地で練習した。.
  • トヨタ自動車 キヤノン.
  • 八角浩司 - 木村敏隆 - 藤田剛 - 相沢雅晴 - 洞口孝治 - 林敏之 - 大八木淳史 - 栗原誠治 - 桜庭吉彦 - 宮本勝文 - シナリ・ラトゥ - 河瀬泰治 - 千田美智仁.

U20 1516 19W1W. 3 24. en:Eben Etzebeth. 2 9. 15 .

NZ代表オールブラックス、代表メンバー39名発表

アジアラグビーチャンピオンシップ は若手選手を中心としたチーム編成で臨み、 香港 ・ 韓国 を相手に4戦全勝で前年に続き優勝を果たした。続く カナダ 戦は前年のワールドカップ組の半数を招集して臨み、前半をの1点差リードで折り返すものの後半に入って逆転を許し、またFL細田がラフプレーによりシンビンを宣告され14人での戦いを余儀なくされるなど厳しい戦いを強いられた。しかし、FB松島のトライやSO田村のPGを加え再逆転、終了間際カナダにトライを許したものので辛くも逃げ切った。.

初出場。ニュージーランド生まれ。 14年にイタリアへ渡ってベネトン入りし、当初は2年契約だったが すでに20年まで契約延長。居住年数をクリアしイタリア代表に。 本大会では幼少時にいつか入りたいと夢見ていたNZと対戦。. しかし、第1回ワールドカップの招待を受けたにもかかわらず、岡が大会直前になってNZへの研修留学という名目で監督を辞任 [4] 。急遽 宮地克実 が指揮を執って挑んだ。初戦の アメリカ 戦ではペナルティ・キック PK を5回も外し、勝てる期待の高かった試合をで落とした。続くイングランド、オーストラリア戦にも敗戦し、3戦全敗で予選敗退となった。その後は通常のテストマッチでも連敗が続き、 年 の スコットランド 戦からテストマッチ11連敗という「暗黒の時代」が続いた。その後、年のアジア選手権で韓国に2大会連続で敗退した責任を取り、 日比野弘 が監督を辞任。しかし、後任監督の選定には時間を要した。.

苑田右二 - 辻高志 - アンドリュー・ミラー - 廣瀬佳司 - 栗原徹 - 小野澤宏時 - 元木由記雄 - ルーベン・パーキンソン - 難波英樹 - ジョージ・コニア - 大畑大介 - 北條純一 - 松田努 - 吉田尚史.

- - - - - - - - - - - - - - - - -. 19 1 140. U20 15 .

知っておきたい:

コメント

  1. 高温多湿、かつスコットランドのキッカーの絶不調があったとはいえ、全体として宿澤のほぼ読み通りの試合内容となり、のスコアでIRB常任理事国を破る 金星 を挙げた。そして、当時のスポーツ紙がこの金星を一面で大々的に報道した他、この勝利がきっかけとなり、日本代表は、 Sports Graphic Number誌 における同年度のMVP賞に選出された。この試合では、当時の代表チームの主将に、当時 神戸製鋼 の主将でもあった 平尾誠二 が就き、また、 シナリ・ラトゥ 、 吉田義人 、 堀越正巳 、 青木忍 といった現役大学生をレギュラーに抜擢したことにも特筆すべき点があった。そのため、たった1戦の指揮しか行なっていないにもかかわらず、宿澤は日本のラグビーを変えた、とまで言われるようになっていった。. 初出場。 ナミビア代表としては、18年6月からのアフリカ・ゴールド杯、 19年6月のネイションズカップ(ウルグアイ)などに出場。 ナミビアの首都ウィントフーク出身。.
  2. 表 話 編 歴 ニュージーランド代表 - ラグビーワールドカップ 3位 フォワード ジンザン・ブルック マーク・カーター グラハム・ダウド アンディ・アール ショーン・フィッツパトリック ポール・ヘンダーソン ジェイソン・ヒューウェット イアン・ジョーンズ マイケル・ジョーンズ リチャード・ロー スティーブ・マクダウェル グラハム・パーヴィス アラン・ウェットン ギャリー・ウェットン.
  3. ボーデン・バレット ジョーディー・バレット ジョージ・ブリッジ ライアン・クロッティ ジャック・グッドヒュー リーコ・イオアネ アントン・ライナートブラウン リッチー・モウンガ TJ・ペレナラ セヴ・リース アーロン・スミス ベン・スミス ブラッド・ウェバー ソニー・ビル・ウィリアムズ. 初出場。南アフリカ出身。元南アU20代表主将。 12年にマンスターと契約しアイルランドへ移住。 16年シックスネーションズでアイルランド代表デビュー。 本大会には、夫人、長女が来日する予定。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |