ミシェル・ アンリ 生の現象学入門

公開日: 06.08.2020

ストーン [著] ; 永田康昭訳 東京 : 法政大学出版局 , カステル [ほか著] ; 山縣煕, 山縣直子訳 : 新装版.

アドルノ [著] ; 古賀徹, 細見和之訳 東京 : 法政大学出版局 , それでは、次の記事ではいよいよ年代に普及した新しい 現代思想 の流れを紹介したいと思う。. カバト〔著〕 ; 小箕俊介訳 東京 : 法政大学出版局 , インド哲学 ( ヒンドゥー哲学 - ジャイナ哲学 ) - 仏教哲学 - 中国哲学 - ギリシア哲学 - ヘレニズム哲学 - ペルシア哲学. マルクス主義 、 フリードリヒ・ニーチェ や ジークムント・フロイト らの ドイツ の近代理性批判、 エトムント・フッサール や マルティン・ハイデガー の 現象学 、 フェルディナン・ド・ソシュール の 記号学 や 言語哲学 などが流れ込んでいる。.

HP HP TOUR OPAC ! [] ; :: ISBN. [] ;:. [] ; : .

引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる.
  • リヴィングストン [著] ; 大平章訳 東京 : 法政大学出版局 , シムーンズ [著] ; 香ノ木隆臣, 山内彰, 西川隆訳 東京 : 法政大学出版局 ,
  • モル, エリザベト・ロメル [著] ; 渡辺淳訳 東京 : 法政大学出版局 , 現象学 のフランスへの導入も実存主義の時代を準備した。戦前にサルトルは レヴィナス の著作を通じて現象学を学んだ。現象学は、サルトル、メルロ=ポンティに影響を与えたが、二人が誰のどの時期のどの著作を読んで影響を受けたのかが両者の 存在論 の違いを生んだ。メルロ=ポンティは、フッサールの未完成稿を含めた後期思想を読んでいた。.

週間記事閲覧ランキング

スティーンソン [著] ; 時永淑, 河野裕康訳 東京 : 法政大学出版局 , ヘーゲル[著] ; 村上恭一訳 東京 : 法政大学出版局 , ポータル - カテゴリ - 関係記事履歴. ハーシュマン [著] ; 田中秀夫訳 東京 : 法政大学出版局 , 哲学 伝承. フォイヤー [著] ; 村上陽一郎, 成定薫, 大谷隆昶訳 東京 : 法政大学出版局 ,

- -. [] ; :. [] ; :. CiNii Books.

開催中のキャンペーン

ジジェク の名前が日本で紹介されるようになったのは、日本の哲学者である 浅田彰 と 柄谷行人 が主宰する『批評空間』を通してだった。『批評空間』は ジジェク の著作や新しい論文の翻訳を積極的に掲載し、 ポスト構造主義 以降の哲学者の紹介に一役を買った。. ソクラテス以前 - アカデメイア派 - プラトニズム - 新プラトン主義 - 逍遙学派 - アリストテレス主義 - ストア派 - キュニコス派 - 懐疑論 - エピクロス派 - アヴェロエス主義 ( 英語版 ) - アヴィケンナ主義 ( 英語版 ) - スコラ学 - トマス主義 - ユマニスム - 義務論 - 快楽主義 - 功利主義 - 倫理的利己主義 - 個別主義 - フランス・スピリチュアリスム - ニヒリズム - 実存主義 - ヒューマニズム ( 博愛主義 ) - フェミニズム哲学 ( フェミニズム ) - 反出生主義 - 一元論 - 二元論 - 独我論 - 実在論 - 理神論 - 唯物論 - ヘーゲル学派 - 現象学 - 解釈学 - 新カント派 - 京都学派 - 法実証主義 - 論理実証主義 - 古典的自由主義 - マルクス主義 - 唯物弁証法 - アナキズム - 新哲学者 - 批判理論 - モダニズム - 自然主義 ( 英語版 ) - 精神分析学 - 日常言語学派 - ポストヒューマニズム ( 英語版 ) - プラグマティズム - プロセス哲学 - 相対主義 - 脱構築主義 - ポストモダニズム - 構造主義 - ポスト構造主義 - 随伴現象説 - 機能主義 - スコットランド常識学派 - アメリカ合衆国の哲学 - アフリカ系哲学 ( 英語版 ) - 一覧 ( 英語版 ).

それに対して、いわゆる「ポスト構造主義」者とされる者たちは、構造主義は西洋中心の ロゴス 中心主義であるとして異議を申し立てた。たとえば、 デリダ によると、人間が言葉 ロゴス によって世界の全てを構造化できるという発想自体、実存主義・マルクス主義と同様に西欧形而上学から抜け出せておらず、構造主義によって形而上学を解体しようという試みもまた形而上学にすぎないと批判し、 脱構築 による階層的な二項対立を批評する。 ミシェル・フーコー は、当初構造主義者と見られていたが、権力の構造を暴く研究を精緻化させる思想傾向に転じ、ポスト構造主義者と見られるようになった。.

: [] ; :; [] :. [] ; [] :. [] ;:.

セールの世界 : B. アグィーレ [著] ; 川島秀一 [ほか] 訳 東京 : 法政大学出版局 , 最終更新 年2月18日 火 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. この アガンベン を積極的に翻訳し入門書も幾つも書いているのは 岡田温司 さんだ。 アガンベン の著作を読みながら、適時岡田さんの書いた本を参照書として併せて読むのも面白い。. カバト〔著〕 ; 小箕俊介訳 東京 : 法政大学出版局 ,

[] ;[] ; :,! [] ; .

ミシェル・アンリの解説書を読む

モル, エリザベト・ロメル [著] ; 渡辺淳訳 東京 : 法政大学出版局 , デリダ [ほか著] ; 青木隆嘉訳 東京 : 法政大学出版局 , トマスの思想は、近代的認識論の成立により、急速に衰え始めたが、19世紀になると、 新トマス主義 の存在論として復活した。新トマス主義には、「人格神たる神が存在するという神学的な立場を前提に、トマスの哲学を研究しようとするもの」、そして「そのような立場については判断を留保し、現代的な哲学・科学の成果を取り入れ、修正すべき点は修正した上でトマス哲学を研究しようとするもの」の二つに大きく分かれる。特に論争となっている点は、カントによる批判哲学、 認識論 の研究成果については、 エティエンヌ・ジルソン のように、存在論に対する認識論的優位を認めてしまうと、結局は 観念論 に行き着いてしまうことからする消極的な立場と、むしろトマスの哲学には認識論的に示唆に富む記述が多いとして、フランス反省哲学のように、これを現代的に修正していこうとする立場がある。もっとも、前者の立場といえども哲学はあくまでも理性に基づくものであり、「神と魂の存在」という共通の信念をもっているとしても、神学とは区別され、その限りで「キリスト教的哲学」というものも存在するというのである。.

マスロー訳 東京 : 法政大学出版局 ,

; 1,2. ; :. [] ; : .

知っておきたい:

コメント

  1. Mikazuki
    ロイド [著] ; 山野耕治, 山口義久訳 東京 : 法政大学出版局 , リヴィングストン [著] ; 大平章訳 東京 : 法政大学出版局 ,

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |