ハリー ポッター 倒れる 小説

公開日: 11.11.2020

映画の死の秘宝のラスト、ハリーの額の傷が消えてたこと。 原作では、痛まなかったと書かれていただけだったはず。全て終わったから傷をなくすのは違うと思った。. 原作ではパグ犬のような顔とされているパンジーパーキンソンを映画で演じる人が可愛い件。この人はアズカバンで演じた。 出典:pic.

Side:ハリー    ロンとテディに別れを告げると、ハリーはローズ、スコープと共にホグワーツへと飛び立った。  箒に乗りながら、ハリーは過去を語った。ハリーはホグワーツの2年生だった時、ドビーという屋敷僕妖精と知り合った。ドビーは当時とある闇の魔法使いの召使いだった。その魔法使いは、ホグワーツに恐ろしい怪物を解き放とうとしていた(その魔法使いが誰かは話さなかった。スコープを苦しめないためだ。)。その陰謀を知ったドビーは、ハリーを危険から守るためホグワーツに行かせまいと9と4分の3番線の出入り口を封じたのだ。そのためハリーは一緒にいたロンと共に、ロンの父親の持ち物だった空飛ぶ車でホグワーツに向かわざるをえなかった。 「私かスコープにホグワーツに行ってほしくない人がいるのかしら。」 ローズが言った。 「サウロス達だろう。」 スコープが言った。「自分の家の屋敷僕妖精に命令したんだと思うよ。」 「サウロス・マルフォイやヴァレンティン・レストレンジが君達と仲が悪いことは、アルから聞いているよ。」 ハリーは言った。アルとは、ハリーの次男でローズ・スコープと同学年であるアルバス・ポッターのことである。「彼らが容疑者であることも、校長に話しておこう。証拠が無いから、逮捕はできないだろうが。彼らが君達に危害を加えないように、先生方が気を付けてくださるだろう。」  3人がホグワーツの校門に着いたのは、ちょうどセストラルが引き、生徒達が乗る馬車が入ってくるところだった。セストラルとは天馬の一種で、人の死に立ち会ったことがある者にしかその姿を見ることができない。大半の生徒達には、馬車が何にも引かれず勝手に動いているように見れる。  ローズとスコープには、まだ見ることはできないだろう。今後も見ることがありませんようにと、ハリーは思うのだった。.

Side:ローズ  ローズとスクはホグワーツ特急に合わせて飛び続けた。日が高く昇り、次いでだんだんと傾いていくにつれて、ローズは腹が減ってくるのを感じていた。  突如、ローズとスクの前方に黒い点が3つ現れ、どんどん大きくなっていった。スクが箒を止(と)めた。3つの物体はなおも2人に接近し、人の形をしているのが分かるようになった。それとほぼ同時に、ローズは寒気(さむけ)に襲われた。スクが小さくうめくのが聞こえた。「ディメンターだ…」  ローズは杖を抜いた。 Side:スク  スクは非常な寒気に襲われていた。おまけに、体を動かすことができない。ディメンター達が近づいてくると、ガラガラという音が聞こえてきた。ディメンターの呼吸音だろう。  突然、スクの脳裏に映像が浮かんだ。ぶつかり合う戦士達の集団、飛び交う閃光、飛び散る血潮…。  そして、スクは何も分からなくなった。 Side:ローズ  スクの体が傾き、箒(ほうき)から落ちそうになった。ローズは慌てて杖を持っていない左腕でスクの体を支えた。 「ちょっと、スク! どうしたの!?」  スクは何も答えない。さらに、箒が落下を始めた。ローズは必死で箒の柄(え)の先端に左腕を伸ばし、つかんだ。箒の落下は止まったが、ディメンターのうち2体がローズとスクの両側方に移動し、2人を包囲する形となった。  スクは気絶しているようだ。頼れるのは自分だけ。ローズは前方のディメンターに杖を向けた。 ディメンター相手には、「守護霊の呪文」が有効だ。或いは、昨年の夏に発明が公表された新呪文か。新呪文の理論は、ローズにはよく理解できなかった。一方、「守護霊の呪文」の使用法は知っていた。楽しい思い出や幸せな思い出を思い浮かべながら、呪文を唱えればいい。.

スクは9と4分の3番線に入ろうと、足を踏み出した。   ガタン!  カートが柱にぶつかった。 「あれっ?」  スクは首をかしげた。柱を通り抜けることができないのだ。 「どうしたの?」 スクの後ろでローズが言った。 「困ったな。柱を通り抜けることができないんだ。」 「そんな! あと少ししか時間が無いのに!」 ローズが言った。 「どうすればいいだろう?」 スクは言った。せっぱ詰(つま)って、何も考えることができなかった。  ローズはしばらく考え込んだ。そうするうちにも、時計の針はホグワーツ特急発車時刻である11時を過ぎた。 「箒(ほうき)でホグワーツまで飛べばいいんじゃない?」 ローズが言った。「目くらまし術をかければ、誰にも見られずにすむわ。」 「荷物はどうするの?」 スクは尋ねた。 「縮小呪文をかければ何とかなると思うわ。」  ローズは辺りを見回した。 「ここで魔法を使うわけにはいかないわね。通行人に見られるから。」 「トイレに行こう!」 スクは言った。  スクとローズは誰にも見られずに魔法を使うため、プラットフォームから出て、駅の中にある公衆トイレに入った。スクはクィディッチ用飛行箒であるミラージュスウィフトを荷物から取り出し、自分の荷物に縮小呪文をかけ、ポケットに入れた。  スクは個室から出て、ローズが入っている個室のドアをノックした。ローズはスクが中に入ると、自分とスク、それにミラージュスウィフトに目くらまし術をかけた。 「早く駅から出て飛び立たないと。さあ、行きましょう!」  ローズが個室の鍵を開(あ)け、走り出そうとした。 「待って!」  スクはローズの腕をとり、引き止めた。 「目くらまし術がかかっているから、このままだと互いを識別できなくなり、離ればなれになるかもしれない。手をつなごう。」  スクとローズは手をつないでキングズ・クロス駅から出た。2人はスクの箒(ほうき)・ミラージュスウィフトに乗り、ローズはスクの胴に腕を回(まわ)した。 「さあ、行くよ。」 スクはローズに合図し、地面を蹴って飛び立った。  ホグワーツは北にある。スクは太陽の位置を手がかりに方角を見つけ出すと、一気に加速した。  ホグワーツ特急にはじきに追いつくことができた。ミラージュスウィフトは、8秒間でキロまで加速できるのだ。.

原作では魔法界の人はマグルの目から見ると服装のセンスが変、っていう雰囲気があったけど 映画では割と普通の格好だった。. 映画を観たときは、ホグワーツ楽しそうでいいなぁ〜って思ってた。けど原作を読んだら高学年になる程勉強に苦労してて宿題もいっぱいで試験もあって…試験に受からないと将来就きたい職に就けないとか、魔法界も努力しないといけないんだなーって知った。そのあたりあんまり映画では触れられてなかったような… でもやっぱりホグワーツ入りたい!!.

原作では「カエルチョコ」は動いてなかったと思う。 映画で普通にカエルっぽく動いていて、こんなの気持ち悪くて食べられん。。と思ったw. 小説読んでブラックは年配ながら眼光鋭い超ワイルドイケメンって勝手にイメージしてた。 映画化されたらわりとくたびれたおじさんで驚いた。.

30 pic.

  • アズカバンの映画で、スネイプ先生が狼男化したルーピンから3人を庇うシーンを加えたのは大正解だと思う。 出典:pbs.
  • 原作で思い入れのあるシーンがあると、どうしてもカットされたら悲しくなる。 ウィズリーの双子が作った沼がずっと保存されてる話とか、双子のいたずらショップのグッズが活躍してるとか。.

たしかにハリーの子供世代の話も面白そうだけど、ジェームス世代や、トムリドル、ハグリッド世代の話がみたかったな〜。 すでに話にちょくちょく出てくるとはいえ。. チョウチャンに関しては日本人の美少女像とイギリス人の美少女像では剥離があるのかも。 中国映画の美人は日本人から見ても美人だけど。 ハリーとチョウチャンが上手くいかなくなった過程がリアルな十代って感じがした。 恋愛も含めて成長していく物語なのが大人も夢中になれる理由だと思う。.

あの厚さの本を二時間ぐらいの映画にするってのが無理な話。 原作と映画はもぉ全くの別物。 それぞれを楽しむしかない。. スネイプ先生、映画だと老けすぎだと思ってた。ルーピンとかシリウスと同級生には見えない! 実際、俳優さんは10歳以上年上だよね。. 関連キーワード ハリー・ポッター 原作 映画 違い. Side:ローズ  ローズとスクはホグワーツ特急に合わせて飛び続けた。日が高く昇り、次いでだんだんと傾いていくにつれて、ローズは腹が減ってくるのを感じていた。  突如、ローズとスクの前方に黒い点が3つ現れ、どんどん大きくなっていった。スクが箒を止(と)めた。3つの物体はなおも2人に接近し、人の形をしているのが分かるようになった。それとほぼ同時に、ローズは寒気(さむけ)に襲われた。スクが小さくうめくのが聞こえた。「ディメンターだ…」  ローズは杖を抜いた。 Side:スク  スクは非常な寒気に襲われていた。おまけに、体を動かすことができない。ディメンター達が近づいてくると、ガラガラという音が聞こえてきた。ディメンターの呼吸音だろう。  突然、スクの脳裏に映像が浮かんだ。ぶつかり合う戦士達の集団、飛び交う閃光、飛び散る血潮…。  そして、スクは何も分からなくなった。 Side:ローズ  スクの体が傾き、箒(ほうき)から落ちそうになった。ローズは慌てて杖を持っていない左腕でスクの体を支えた。 「ちょっと、スク! どうしたの!?」  スクは何も答えない。さらに、箒が落下を始めた。ローズは必死で箒の柄(え)の先端に左腕を伸ばし、つかんだ。箒の落下は止まったが、ディメンターのうち2体がローズとスクの両側方に移動し、2人を包囲する形となった。  スクは気絶しているようだ。頼れるのは自分だけ。ローズは前方のディメンターに杖を向けた。 ディメンター相手には、「守護霊の呪文」が有効だ。或いは、昨年の夏に発明が公表された新呪文か。新呪文の理論は、ローズにはよく理解できなかった。一方、「守護霊の呪文」の使用法は知っていた。楽しい思い出や幸せな思い出を思い浮かべながら、呪文を唱えればいい。.

Side:ハリー    ロンとテディに別れを告げると、ハリーはローズ、スコープと共にホグワーツへと飛び立った。  箒に乗りながら、ハリーは過去を語った。ハリーはホグワーツの2年生だった時、ドビーという屋敷僕妖精と知り合った。ドビーは当時とある闇の魔法使いの召使いだった。その魔法使いは、ホグワーツに恐ろしい怪物を解き放とうとしていた(その魔法使いが誰かは話さなかった。スコープを苦しめないためだ。)。その陰謀を知ったドビーは、ハリーを危険から守るためホグワーツに行かせまいと9と4分の3番線の出入り口を封じたのだ。そのためハリーは一緒にいたロンと共に、ロンの父親の持ち物だった空飛ぶ車でホグワーツに向かわざるをえなかった。 「私かスコープにホグワーツに行ってほしくない人がいるのかしら。」 ローズが言った。 「サウロス達だろう。」 スコープが言った。「自分の家の屋敷僕妖精に命令したんだと思うよ。」 「サウロス・マルフォイやヴァレンティン・レストレンジが君達と仲が悪いことは、アルから聞いているよ。」 ハリーは言った。アルとは、ハリーの次男でローズ・スコープと同学年であるアルバス・ポッターのことである。「彼らが容疑者であることも、校長に話しておこう。証拠が無いから、逮捕はできないだろうが。彼らが君達に危害を加えないように、先生方が気を付けてくださるだろう。」  3人がホグワーツの校門に着いたのは、ちょうどセストラルが引き、生徒達が乗る馬車が入ってくるところだった。セストラルとは天馬の一種で、人の死に立ち会ったことがある者にしかその姿を見ることができない。大半の生徒達には、馬車が何にも引かれず勝手に動いているように見れる。  ローズとスコープには、まだ見ることはできないだろう。今後も見ることがありませんようにと、ハリーは思うのだった。.

2  3  3          . 30 pic.

ほとんどの女の子は記念日を忘れると怒る。

映像でしか楽しめないシーンもあるから映画も好き。アンブリッジがスネイプの授業の視察した時に笑ったロンの頭を叩いたりなどコミカルな感じも面白かった。 でも、やっぱり原作を読んだ方がもっと良かった! ホグワーツのゴースト達にも繋がりがあってヴォルデモートとも絡んでくるし、ヴォルデモート自身の家族との関係や先祖でのハリーとの関係、三大魔法学校対抗試合の賞金をウィーズリーの双子の店のためにハリーがあげたこと、ダンブルドアを殺すためドラコが色々仕掛けてた詳細など映画的には無理だけど見てみたかったぁ〜! ハリーとヴォルデモートの最後の対決も2人きりも悪くはないけど、原作のように皆が緊張しながら見ている中戦ってる方が読んでて迫力があったなぁ。 戦い終わった後ダンブルドアの肖像画と話すのも良かった!.

削除すべき不適切なコメントとして通報しますか? いいえ 通報する. 映画でデスイーターが煙化して飛んでくるっていうビジュアル、あれは反則じゃないだろうか。 杖も呪文も言わずにやってるし、箒いらんやんってなる。.

12 4.      2  3  3          .

いとこのダドリーとの和解というか別れのシーン、原作ではジーンときたからやってほしかったな。 おばさんがハリーを置いてくれていた理由とかも映画にはないからただの意地悪だし。. リリーの死後、スネイプがダンブルドアに言ったセリフ 「あなたなら彼女を守ると思った」「彼女はもう死んでしまった。私も死にたい」 スネイプはリリーの幸せを願うことはなかった。 「リリーの夫」の死を願った。夫だけでなく、最愛の息子も。 愛する夫を亡くし、息子を亡くし、一人この世に取り残される。その苦しみを想像する事はスネイプには出来なかった。リリーを自分のものにすることだけが大事だった。 リリーを救えなかったダンブルドアを非難し、「自分も死にたい」と、自らを憐れんだ。 スネイプはとても弱い人間だった。.

原作だと身長差逆。映画だとルーピン役の人はもっと高い。笑 あと原作では2人とも30代後半だということ。 出典:pic. 映画の1と2は比較的丁寧に作ってるね! 映像も可愛くて暖かい感じ。 4作目からはだんだんダークファンタジー寄りになって画面が暗くなっていった。 原作もシリアスになるから仕方ないけどね。 ハリポタの魅力の一つは、張り巡らせられた伏線と次々とその伏線を回収していくミステリー展開だと思うから、そこらへんも丁寧に作って欲しかったかな。 ゲームオブスローンみたいなクオリティで連続ドラマで撮って欲しかったなあとも今でも思う。.

12 4 .

スマホでかんたんフリマアプリ

削れない場面が多すぎるくらい情報満載なんだよね~。全てに意味がある感じで。 最初は映画を受け入れられなかったけど、今はどっちも楽しめるようになりました。. 死の秘宝の映画で、ロンと喧嘩別れして落ち込むハーマイオニーをハリーがダンスに誘って元気付けるシーン、原作にはないけど印象に残ってる。 躍り終わったあとハーマイオニーが我に返ってまた落ち込むのも映像ならではで好きだなぁ ジニー役の子はかわいいけどヒロインとしては地味だよね。 ジニーとくっつくのも個人的には唐突過ぎてビミョー。あっジニーは好きよ。.

ハーマイオニー、原作では前歯が大きい。 その後、マルフォイとの魔法合戦で、(呪いのかけあい)前歯が伸びつづけてしまう。 その呪いを解く治療をしてもらったとき、前より小さい歯になるようにした。 原作が映画のイメージに引っ張られていったよう。. 映画でデスイーターが煙化して飛んでくるっていうビジュアル、あれは反則じゃないだろうか。 杖も呪文も言わずにやってるし、箒いらんやんってなる。.

Side    332…   Side    …   Side    22  . 943               11                  2      8!

知っておきたい:

コメント

  1. 原作でも最終巻ってなんか異質な印象を受けます。 急に出てきた死の秘宝がいきなりメインテーマになるし、ダンブルドアの裏の顔というか真意もやや唐突なので。. たしかにハリーの子供世代の話も面白そうだけど、ジェームス世代や、トムリドル、ハグリッド世代の話がみたかったな〜。 すでに話にちょくちょく出てくるとはいえ。.
  2. 一度も闇の魔術に傾倒したこともなく最後まで愛する人と友人達を守り続けたジェームズと、リリーに恋をしても尚闇の魔術に染まって行き、そのかけがえのない愛するリリーを自分のせいで失うまで過ちに気付かなかったスネイプでは比べるに値しない。 だからこそスネイプは自分の犯した罪を後悔し一生消えない贖罪を背負うことになった。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |