マル・ アデッタ星域会戦

公開日: 04.11.2020

彼の部下からは司令長官になれば同盟はもう少しマシな戦いができると言われたが、士官学校を卒業しなかった為、この時点ではビュコックが司令長官になるのはまず叶わないだろうとされていた。アムリッツァで多くの人材が失われた為、皮肉にも(作中の記述より)司令長官になったとされ、この人事については内外に好評を得た。ただし他に同盟軍において士官学校を卒業していない提督として、ライオネル・モートンがおり、昇進もビュコックよりは早い [1] 。また同盟軍には士官学校の経歴が無い軍人に士官以上の任官の機会を与える機関として、幹部候補生養成所なるものが存在している [2] 。.

なお、道原版コミックスでは、原作やOVA版と異なり「双璧」ミッターマイヤーとロイエンタールの両者ともラインハルト指揮下で参加している [12] 。彼らはラインハルトが忠誠を尽くすに足るかをこの戦いで見定め、ラインハルトもまた彼らの戦闘指揮をこの戦いで評価する事となる(同P。また、同作ではP等で第4次ティアマト会戦のエピソードを混入しており、その描画方法からラインハルト指揮下での両者のデビュー戦と読む事ができる。第四次ティアマト会戦自体はPで描かれているが、それに両者が参戦しているかどうかは描かれていない)。なお、二人が参戦したために提督の顔ぶれはメルカッツ・シュターデン・ファーレンハイト・ミッターマイヤー・ロイエンタールという布陣になっている(ただしエルラッハ少将もPで登場している)。.

なお、この戦いの時に『ミンチメーカー』の異名を持つオフレッサーによる凄惨な戦いぶりと、ロイエンタールとミッターマイヤーに「お前たちの死体を鍋に放り込んで フリカッセ を作ってやる」などと挑発したため、2人とその部下である装甲擲弾兵はしばらくの間フリカッセを食べることが出来なかった(原作と漫画のみ。OVAではカットされている)。特に道原かつみ版の漫画では戦闘後の食事がフリカッセであったため、勝者であるはずの将兵を更に苦しめる結果となった [14] 。. ガイエスブルク要塞 要塞駐留艦隊 (16,隻) 動員兵力万人. この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。.

この敗勢のなかで、 ヤン・ウェンリー 中将 の第13艦隊のみが ケン プ艦隊を相手に優勢を維持しつつ後退に成功したが、 戦闘 開始時点より6 光 時を後退した 帝国 側呼称C戦区において、 第7艦隊 を敗走させた キルヒアイス 艦隊に捕捉され、4倍の兵 力 との交戦を余儀なくされた。. タグ一覧 登録が多い順. 宇宙暦年の 第3次ティアマト会戦 の時点で中将、第5艦隊司令官となっており、年10月の アムリッツァ星域会戦 の後に大将、 宇宙艦隊司令長官 に就任した。年2月の ランテマリオ星域会戦 (会戦前に 元帥 に昇進)では陣頭指揮を執ったが、戦力差はいかんともしがたく、敗北を喫する。バーラトの和約後に退役したが、 第2次ラグナロック作戦 に対抗する為現役復帰。翌年1月の マル・アデッタ星域会戦 で再びラインハルトと戦った。ビュコックは圧倒的兵力差にもかかわらず、星域の複雑な地形・現象を利用し、老練・勇猛果敢な戦術で帝国軍に想定外の苦戦を強いた。その戦いぶりは一時ラインハルトの本営に迫るほどで、ミッターマイヤーをして「老人め、やる!」と言わしめるほどだったが、ついに圧倒的な物量差の前に戦闘行動をとることができなくなった。その際に受けたラインハルトからの降伏勧告を、民主主義が専制政治に屈するわけにはいかないと謹んで辞退し、座乗艦の リオ・グランデ と運命を共にした。74歳没。ラインハルトはその潔い最期および戦いぶりに敬意を表し、帝国軍全将兵にマル・アデッタ星域を通過する際に起立敬礼をするように命じた。.

史上最悪の シリアルキラー であった「流血帝」アウグスト2世による殺戮の嵐は留まる所を知らず、遂には自分を除く皇族をあらかた殺し尽くした。そんな中、辺境のリンダーホーフに皇族の血を引くエーリッヒが落ち延びた事を知ったアウグスト2世は最後の獲物と狙いを定め、オーディンへの出頭を命じた。無論、オーディンへ行けば殺されるのは明白であり、追い詰められたエーリッヒは自らの身を守るため、やむなく皇帝に対して叛乱を起こす。その際、毒薬の入ったペンダントを身に付け、叛乱が失敗に終わった時は無残に殺される前に自害する覚悟を固めていた。敗死を覚悟して起ったエーリッヒだが、彼の予想に反して叛乱軍には当時のローエングラム伯以下多くの貴族や軍人が集まり、瞬く間に大勢力へと成長した。そしてエーリッヒ軍はトラーバッハ星域で皇帝軍と戦闘になるも、皇帝軍のほとんどが戦わずして投降したため、戦闘らしい戦闘は発生しなかった。トラーバッハでの戦いに決着が付いた頃、アウグスト2世は側近のシャンバークによって殺害され、オーディンに乗り込んだエーリッヒは皇帝エーリッヒ2世として即位する。「止血帝」エーリッヒ2世の最初の事績は手始めにシャンバークを「流血帝」を倒した英雄として賞賛し、しかるのち「流血帝」の大量虐殺の共犯者として銃殺に処することだった。.

- - - - - - - - - - - - - - - - -. 411. 1 2.

  • 詳細は「 銀河英雄伝説の用語 オーベルシュタインの草刈り 」を参照.
  • 第3艦隊( ルフェーブル 中将 ) 第5艦隊( ビュコック 中将 ) 第7艦隊 (ホーウッド 中将 ) 第8艦隊( アップルトン 中将 ) 第9艦隊( アル・サレム 中将 ) 第10艦隊( ウランフ 中将 ) 第12艦隊( ボロディン 中将 ) 第13艦隊(ヤン 中将 ). 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

‰F’€—п‚W‚O‚O”NЃAђV’йЌ‘—п‚Q”N‚PЊЋ‚P‚U“ъ

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 叩き上げの硬骨漢らしく、周囲からは「おっかない親父さん」と呼ばれているが、ヤンに対しては好々爺として接する事が多い。誤解されやすいタイプであるか、あるいは相手により態度を変える人物であるようだ(実際、トリューニヒト派の軍人に対しては怒りを隠さない態度を取っている)。彼をよく知る者からは「同盟に過ぎたる者」として尊敬と畏怖を集める存在。ヤンに対して好々爺として接した事から、ヤン艦隊の面々は畏怖よりも親しみを感じているようであり、訃報が届いた際には皆揃って落ち込むほどだった。ポプランは「同盟なんかには勿体ない見事な爺さん」と呼んで敬愛している。広い視野と客観的な思考を備えており、 ヤン艦隊 のメンバーに勝るとも劣らぬ毒舌ぶりを示す事がある。ただし、ヤンと違ってあくまでも軍人としての視点から物事を捉える傾向がある。しかしあくまで「民主体制下の軍人」である事に誇りを持っており、副官のファイフェルが軍国主義的な発言をした際、それをたしなめる場面も見られ、軍国主義者とは対極的な立場にある。「同盟は独裁国家として長らえるより、民主国家として滅びるべき」という発言は、彼の民主体制下の軍人としての矜恃を示すものである。.

かつてブラウンシュヴァイク公オットーと政争を繰り広げたクロプシュトック侯ウィルヘルムが爆破事件の犯人であると判明したため、激怒したブラウンシュヴァイク公は自ら司令官となって艦隊を率い、クロプシュトックの領土である惑星に赴いた。だがブラウンシュヴァイク公及び配下の指揮官が全て戦闘経験の無い貴族であったため、補佐役として「戦闘技術顧問」という肩書きの実戦指揮官が同行し、アドバイスを行う事になった。この戦闘技術顧問の中に ウォルフガング・ミッターマイヤー と オスカー・フォン・ロイエンタール (ともに少将)がいた。. 銀河帝国 ラインハルト - キルヒアイス - ヒルダ - ミッターマイヤー - ロイエンタール - ファーレンハイト - ワーレン - ケスラー - アイゼナッハ - メックリンガー - ケンプ - シュタインメッツ - ルッツ - ミュラー - オーベルシュタイン - ビッテンフェルト - レンネンカンプ - アンネローゼ. 帝国領侵攻作戦 アムリッツァ会戦. シュターデンは艦隊を本隊と別働隊の2手に分けてミッターマイヤーを挟み撃ちにしようと動いたが、その動きを読んだミッターマイヤーが先に動いて別働隊隻を攻撃。指揮官のヒルデスハイム伯爵を含めて全滅させ、さらに機雷原を時計方向に迂回してシュターデン本隊を背後から急襲。半減した艦隊は背後から襲われて敗北し、負傷したシュターデンはレンテンベルク要塞に逃げ込んだ(OVA版では胃を患っており、外傷が無いまま吐血で入院した)。 道原かつみのコミック版でもミッターマイヤーの動きはほぼこの通りだが、後方から襲撃されてもシュターデンは負傷も吐血もせずに、耳をふさいで戦況から目を逸らしていた。ところが、事前ミーティングでは5日後に到着する予定だったラインハルトの本隊がこのタイミングでアルテナ星域に到着したことで、勝機を失ったことを理解したシュターデンはレンテンベルグ要塞への後退を命じている。.

6 9OVA8OVA. 3 510 2 2 1 74. 622 3 3. 2 19 62 128. - - - - - ?

戦闘経過(前半段階)

この乱戦の最中、シェーンコップ率いるローゼンリッターは、リューネブルクとの決着をつけるべく強襲揚陸艦で帝国艦を次々と襲撃、リューネブルクへの「伝言」を書き残して挑発するという策でリューネブルクを追い込んだ。元々帝国軍内部で肩身が狭かった亡命者リューネブルクはこの件で居場所がなくなり、司令官であるミュッケンベルガーに呼びつけられて責任を取らされる形で自ら揚陸艦で出撃し、シェーンコップとの 一騎討ち に及んで敗死した。. 一方 帝国 軍の動員数は約10万隻に達し、各艦隊個別での 戦闘 を経てなお戦 力 をほぼ保っていたが、 ジークフリード・キルヒアイス 中将 の 指 揮する全軍の三割、約3万隻に別行動を取らせていたため、 戦闘 開始時の総兵 力 は7万隻程度( ローエン グ ラム 直率艦隊含む)であったと考えられる。.

その後も戦闘は断続的に続き、 レンネンカンプ がアッテンボローの罠にかかって3割(約隻)の損害を出した。12月9日にロイエンタールは援軍の要請(に見せかけたフェザーン侵攻作戦の開始要請)をラインハルトに上申した。フェザーンが占領された後の1月19日に、ヤンが放棄したイゼルローン要塞にロイエンタールが無血で進駐。本戦闘は終了した。.

OVA 1013! 13 13. OVA [12] PP4PP.

【登場人物-銀河帝国】

バーミリオン会戦 におけるラインハルトの危機を感じたヒルダが、5月2日に独断でエリューセラ星域にいたミッターマイヤーと面談し、「今から救援に行くよりそちらの方が早い」と「同盟首都ハイネセンを占領し、同盟政府にヤンに戦闘停止を命じるよう強要する」策を促した(これはヒルダの持論でもあった)。当初は懐疑的だったミッターマイヤーも説得を受けて同意し、隣のリオヴェルデ星域にいるロイエンタールに連絡して同行を要請した。ロイエンタールは様々な想いを抱きながらも同意し、ミッターマイヤーとともにバーラト星域に急行した。両艦隊とも5月4日にバーラト星系に到着。翌5日にはハイネセンの 衛星軌道 に達し、同盟政府に無条件降伏を勧告、国防委員長のアイランズとビュコックは最後まで抵抗することを主張した。しかし、それまで職務放棄し、また日頃国民を扇動、最後の最後まで抵抗しろと主張していたトリューニヒトが反対派の抵抗を地球教徒の手を借りて排除し、時間稼ぎ一つしようとせずに降伏勧告を受諾。 ブリュンヒルト を眼前に捉えていたヤン艦隊に即時停戦することを命令した。そしてトリューニヒトは苦悩も反省の色もなく、厚顔にも自分と家族の安全の保証、帝国での地位までもを自分から要求した。「アルテミスの首飾りがヤンによって全て破壊されていなければ抗戦できた。ヤンが何だ」というのが、本人の弁であった(ただしOVA版においては、既に帝国軍は過去のカストロプ動乱時にアルテミスの首飾りとまったく同じ防衛兵器を完全に破壊している)。.

第4艦隊 第5艦隊 第8艦隊 第9艦隊 第11艦隊 (48,隻). この敗勢のなかで、 ヤン・ウェンリー 中将 の第13艦隊のみが ケン プ艦隊を相手に優勢を維持しつつ後退に成功したが、 戦闘 開始時点より6 光 時を後退した 帝国 側呼称C戦区において、 第7艦隊 を敗走させた キルヒアイス 艦隊に捕捉され、4倍の兵 力 との交戦を余儀なくされた。.

これと前後して、ラインハルトはオーベルシュタインの手配でアンネローゼと超光速通信で会話を交わし、少なくとも虚脱状態からは抜け出した様子が描かれている。また、その後のロイエンタールとの通信の内容が、後の 叛乱 の呼び水となっているように描かれている。.

13. 13. before next .

前半の 戦闘 は同盟軍がイ ゼル ローン 回廊 帝国 側に確保した辺 境 恒星 系の各地において発生したものであるが、最終的にアム リッツ ァ 星 域が 決戦 場となったことから、前半段階の各艦隊個別での 戦闘 以降 アム リッツ ァ 星 域での 決戦 に至る一連の 戦闘 を一括して「アムリッツァ会戦」と総称 される。. 戦闘 に至るまでの詳細な経緯については、「 帝国領侵攻作戦 」を参照。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

OVAOVA19. 2320AS284 23251?

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |