プラザ 合意 日航 機

公開日: 08.10.2020

昭和期-戦後 2 政治,News 40 政治 23 News 17 経済 17 技術 9 金言・格言 32 食と生活 8 日々思料 17 プロフィール お問い合わせ. 悪魔を拝むイルミナティという勢力は、巨大な悪事を行う時に、一つのイベントに対して、これでもかと、色々な事件をてんこ盛りにします。 例えば、 マレーシア航空MH17便撃墜の目的は、プーチン叩きとエイズ利権の温存、過去に消えたMH便のガラクタ処理である。 もご興味があれば、どうぞ。 あまりに悪どいので、信じ難いですが、彼らは悪魔を拝み、悪魔の望むことを行い、その力を得たいわけですから、一般庶民の私達には理解できません。理解したくもありませんし。.

何十年たとうが、JAL便の事件の真相が、もっともっと露わになっていくことを望んでいます。事件を忘れてはいけません。 便の背後にいる勢力は、未だこの日本に巣食い、激しく活動しています。 これらの悪を見逃さずに、広めていかなくてはなりません。 もう2度とこのような痛ましい事件が起こりませんように。.

ここまででの話でもかなり衝撃的と言える内容だが、更にあるのが、 当時日本の国産のOSとして注目されていた 「TRON(トロン)」 の技術者がごっそり乗っていたのが、この日航ジャンボ機(JAL便)であった。 「TRONプロジェクト」 と言われるプロジェクトを手がけていた天才エンジニアの17人が乗っており、全員亡くなった。. ここで、更に衝撃的な推論がある。 ボイスレコーダーの音を聞くと、爆発音が聞こえ(上記動画の[])パイロットの悲痛なまでの必死な対応がわかる。 そして、その中で、爆発音に加えもう一つ議論になっている音声がある。ボイスレコーダーからパイロットの声として拾われた(上記動画の[])上では 「オールエンジン」 とか 「ボディギア」 とか、推測でそういった字幕が着いたりしている。しかし、こういった航空機器はないそうである。. nishina hirotsugu 年 5月 10日. これらについて、説明されているRAPT氏の記事をどうぞお読みください。 JAL便墜落事故の真相。すべては「天皇派」と「教皇派」との戦いに原因がありました。 グリコ森永事件とJAL便墜落事故との奇妙な関連性。グリコ森永事件の真の黒幕は誰か。 JAL便墜落事故で死亡した人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。.

ボイスレコーダーが事故から15年後にボイスレコーダーが公開されるまで、嫌がらせを受ける家族の姿を見て苦悩の日々が続いたそうです。 「人もの命を奪う事故を起こして批判されている機長のお嬢さんを採用してあげるなんて、なんて良い会社」を装っていますが、事件の犠牲にしたので償っているだけでしょうね。. こっちは、真剣勝負で仕事をしている。ある意味で命かけるくらいの使命感を持ち、亡くなった方々に思いをはせて相手も資料を提供してくれている。このようなことは、サラリーマンのメディアたちには決してわからないだろう。一体、彼らは何を伝えるべきなのか、なぜその仕事を選んだのか、世の中に果たす役割は何か、常に問い続け、 自己批判 せずしてこの業界の未来は失われてしまうだろう。.

8 14. OS TRON JAL TRON. menu HOME 71 1.

てつ 年 8月 15日.

米軍の横田基地から出ていた輸送機のCに乗っていた乗員による 「アントヌッチ証言」 によれば、米軍は日航ジャンボ機(JAL機)の救助信号をいち早くキャッチし、救助の準備も出来る状態にあった。 証言によれば墜落から2時間後には、現地につけたとある。 しかし、 米軍の上官の指示は「引き返せ」ということであった。日本政府からその旨を受けたとのことである。 この証言が出たのも、事故から10年もしてからである。. そこで言われているのが 「オレンジエアー」 ではないかと言うことである。. 関連記事 News 「イギリス」とは?~4ヶ国を学習!~. 当時は小さかった私も、このニュースが入ったことはよく覚えている。 昭和60年(年)の8月12日の夜に「ジャンボ飛行機が行方不明になった」、というニュースが、見ていたテレビから速報で流れてきた。そこからは特別ニュースが流れ続けていたが、情報は断片的で結局どうなったかはわからずに寝た記憶がある。.

この事故が全てではないが、かくして 「TRONプロジェクト」 は大きく後退せざるを得なく、実際に世界のOSを握ったのは、Windowsのマイクロソフトであった。.

25 9. JAL 2. 1222 1223. SNS .

1985年の日航ジャンボ機事故の考察 ~国産OS「TRON」技術者の死~

ぼちさん コメントありがとうございます。 確かにTRONが事故の原因とするのは、議論の飛躍があるかも知れませんね。ただ、一つの見方としてすら否定するのも早計に思います。あまりに不可解な事故であり今もなお公開されていない事実があるとしか思えない事故と言えると思います。. 亡き父と同じ道を進み、意思を継いでいる姿は、東電OL事件を思い出しました。OLと呼ぶには相応しくない方ですが。 —————————————————————— 以下 こちら から転載 ———— 被害者・渡邉泰子 企画部調査課・副長 当時の直属の上司が 取締役企画部長・勝俣恒久 現東電会長 企画部管理課長には藤原万喜夫 現副社長 よって、「東電女性管理職殺人事件」も正しい。 OLという言葉には明らかに「平社員」「お茶汲み」というイメージが暗に込めら れており、極めて不愉快。 彼女は、工務部副部長だった父親の遺志を受け継ぎ、「原発の危険性を指摘」する 報告書を作成。 経済リポートも賞を得るほど高い評価を得ていた。 そんな反原発の旗手の彼女が、 プルサーマル計画が本格始動した年の3月に 誠に都合良く「殺され」 売春婦をやっていたという報告で、人間としての尊厳を「消され」 彼女の実績・功績は闇に「葬られ」た。 上司の勝俣部長は、翌年「常務取締役」に出世する。 ———————————————————————— 転載ここまで ——————- なんだか、とても悪魔的なものを感じます。どちらも、善意を装っていますが、内情はそんなことはないでしょう。目の届くところに置き、手懐けておくにこしたことはありませんからね。.

他に、日本近代思想史など、年がテーマとなって様々な分野においてあまりおかしいことが多い。なぜこんなに日本は 対米追従 どころか絶対 服従 状態なのか、日本売りが止まらないのはなぜか。特に安倍政権での防衛費膨大について、その直接的原因は何か。. 明治期 25 9.

1 6. TRON. [ ] 160 OSTRON. C JAL .

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

官僚もそうである。以前、「良心の呵責がある人がなれない職業は 政治屋 と役人」と書いてあった記事があったが、その通りかもしれない。良心の呵責どころか、善悪の区別もつかなくなった人達だけが今もなお、まっとうな人達の邪魔をし続けているのかもしれない。. そこで言われているのが 「オレンジエアー」 ではないかと言うことである。. ページ目次 [ 開く ] 1.昭和60年(年)の日航ジャンボ機事故 2.現在言われている「疑惑」 3.見え隠れする自衛隊と米軍の動き 4.日本の国産OS「TRON トロン 」と日航ジャンボ機事故 5.当時の日米の状況 6.日航ジャンボ機事故と、その後の状況から思うこと.

  • 沖縄の真っ青な 辺野古 の海への土砂投入で、青海が濁っていく様は、まるで政府の偽りの心のようである。.
  • てつ 年 5月 10日.
  • 当時の日米の状況は、まさに歴史の転換点であった。 今考えても、 戦後最も重要な年の一つとも言える年だった。 「プラザ合意」 がなされたのが、この 日航ジャンボ機の事故の1ヶ月後の年9月22日 である。 当時の竹下大蔵大臣がニューヨークのプラザホテルでアメリカなどと結んだ合意である。 当時それだけ、アメリカと日本との貿易摩擦などの課題が大きくクローズアップされている頃であった。.
  • 共有: クリックして Twitter で共有 新しいウィンドウで開きます Facebook で共有するにはクリックしてください 新しいウィンドウで開きます.

TRON. TRON. JAL34 30. 1222 1223. OLOL ---------------------- ---- 3 ------------------------ -------. [ ].

昭和期-戦後 2 政治,News 40 政治 23 News 17 経済 17 技術 9 金言・格言 32 食と生活 8 日々思料 17 プロフィール お問い合わせ. 共有: クリックして Twitter で共有 新しいウィンドウで開きます Facebook で共有するにはクリックしてください 新しいウィンドウで開きます. ぼち 年 3月 16日. ここまででの話でもかなり衝撃的と言える内容だが、更にあるのが、 当時日本の国産のOSとして注目されていた 「TRON(トロン)」 の技術者がごっそり乗っていたのが、この日航ジャンボ機(JAL便)であった。 「TRONプロジェクト」 と言われるプロジェクトを手がけていた天才エンジニアの17人が乗っており、全員亡くなった。.

nishina hirotsugu 5 10. TRON TRON OSTRON TRON.

知っておきたい:

コメント

  1. Yasashiku
    てつ 年 5月 10日. そのエピローグ、「対米前面 服従 の始まり」において拙著を取り上げて下さった。.
  2. トラックバック URL. 維新回天期 12 7.
  3. それにしても、まるで議事録や録音の声に残らないようにするためか、肝心のことをぼそぼそと小さい声で話す 運輸省 の役人には不信感を抱いたそうだ。そのわりには「こっちの席に座って下さい、そっちのお茶を回して下さい」などとどうでもいい発言の声は大きかった、とのことである。. おすすめ記事 成人の日と山田宏氏の演説と先人への感謝と.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 congresaqed.org | 利用規約 | 連絡先 |